【無料で1000円!】DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の口座開設方法を画像で解説

今回は、ローラさんでおなじみの話題の、DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)口座開設手順、登録方法を画像付きで詳しく解説します。

2018年6月31日まで、新規口座開設者には、1000円が無料でもらえるキャンペーンを実施中です!(以前の3/31までのキャンペーンが延長になりました)

(申し込みからハガキ到着に1~2週間前後かかるのでお早めに!)

登録自体は、初心者でも簡単なので、試してみてください!
それではいってみましょう!

スポンサーリンク

 

 

「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」に仮登録する手順解説

こちらのDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の公式ページにいきます。

【DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の公式ホームページへ】

 

公式ページの右上にある「口座開設」をクリックします。

 

 

 

メールアドレスと、「私はロボットではありません」の左の四角のチェックボックスをクリックした後、「送信する」を選択します。

自分のメールアドレスに、DMM Bitcoinからメールが送られます。

*もし届かない場合は、登録したメールアドレスが間違っていたり、迷惑フォルダに自動で振り分けられている場合があるので確認してみましょう。

 

 

 

自分のメールアドレスに「DMM Bitcoin」からメールが来ています。送られて来たリンクをクリックします。

 

 

 

パスワード設定画面に移動します。自分で考えたパスワードを入力します。他で使っているパスワードと同じものは使わないでください。パスワードには、アルファベット半角数字をいれましょう。

入力したら「送信する」を選択します。

 

 

 

以上で、仮口座登録が完了です。

 

 

「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」に本登録する方法を解説

先ほどの仮登録口座完了画面から「マイページにログイン」を選択すると「マイページ」に行くことができます。

画面の左上にある「【未登録】こちらから本登録をおこなってください」を選択します。

 

 

 

 

口座開設の種類(個人の場合は、画像矢印のように左側を選択します)を選び、各交付書面などのPDF書類の確認を行います。大事なことが書かれているので確認しましょうね。

 

 

続いて、書面の同意、承諾、誓約画面です。左の四角のチェック欄を確認します。内容全てに、同意、承諾、誓約できなければ、口座開設することができません。確認の上、チェックしましょう。

 

 

個人情報の登録手順

続いて、個人情報の登録を指示に従って行います。

 

 

全て記入が終わると、確認画面になります。確認できたら、下にある「申し込む」をクリックしてください。

 

 

本人確認書類提出方法

続いて、本人確認書類提出をおこないます。本人確認書類は“5つの種類のどれか”を本人確認書類のアップロードから提出しましょう。

1:免許証の「表面」「裏面」の画像

2:パスポート(顔写真付き確認書類)

3:住民台帳基本カード(顔写真付き確認書類)

4:在留カード(顔写真付き確認書類)

5:各種保険証及び住民票の写し等(顔写真なしの確認書類を2種類提出)

 

 

携帯番号認証手順

続いて、携帯電話の番号を入力して、「コードを発行する」をクリックします。

自分の携帯に「6桁の認証コード」が送られてくるので、認証コードを入力して、「認証する」をクリックします。

 

 

 

 

以上で、登録完了です。

 

 

後日、ハガキで最終の認証コードが送られて来ます。

 

 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリットは?

では、国内の有名な仮想通貨取引所である「bitflyer」や「Zaif」がある中で、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)に登録するメリットは何でしょうか?それぞれ確認していきましょう!

 

 

1:レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はレバレッジ手数料を除き、口座開設手数料、口座維持手数料、出金手数料、ロスカット手数料などが無料です。

特に、「入出金手数料無料」は少額からビットコインを買いたい人にはおすすめです。

 

他の取引所では、出金に300円程度(Zaifの場合、50万円未満の出金時350円 2018/2/17時点)かかってしまいます。

1000円からビットコイン投資を始めたい人にとって、350円も手数料でかかってしまっては意味がありません。まずは、少額からスタートしたい方には、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は強い味方ですね。

*銀行振込の場合、銀行の手数料がかかる場合があります。手数料無料のサービスなどを選びましょうね。

 

 

2:資産の分別管理を行っている

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、分別管理で資産管理を行っていて、物理的に分離して資産を管理しているようです。もちろん、そのことで資産が100%守られると言うわけではありませんが、このように資産管理方法をHP上で公開している点、セキュリティーに対する意識が感じられます。

*ただし、現在、残念ながら、世界中のどの取引所も自分の口座の仮想通貨をなんらかの形で紛失した場合(盗まれたとしても)その損失補填を保証してくれる取引所はありません。全ては、自己責任となりますので、注意しましょうね。

 

 

3:登録すれば1,000円もらえるキャンペーン中(6/31まで)

現在、DMM Bitcoinでは2018年6月31日まで、新規口座開設者には、1000円が無料でもらえるキャンペーンを実施中です!
(以前の3/31までのキャンペーンが延長になりました)

 

 

実際に入金を確認!

実際にキャンペーン中に申し込んで、入金されていました。

1000円を無料でもらって、それを元手にBitcoin投資を始めることができます。ぜひこの機会に初めてみてはいかがでしょうか。

 

【DMM Bitcoin(DMMビットコイン)キャンペーン中の公式ホームページへ】

 

 

スポンサーリンク

いかがでしたか?この記事では、DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の口座開設手順、登録方法を画像付きで詳しく解説しました。今回紹介したキャンペーンは本当にお得なので、ぜひ利用してみてくださいね。

また、bitFlyerやZaifのみだけでなく、DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)など複数の取引所を利用することで、取引所倒産や、盗難などのリスクを減らすことができます。必ず、資産を1つに預けるようなことは避け、自己責任で管理しましょうね。

 

次の記事へ>>>知らずに損した!私がビットコイン、アルトコイン購入で失敗した理由と解決策

 

仮想通貨関連記事まとめページ>>>【仮想通貨投資】投資の始め方やおすすめ取引所、両親へのアドバイスまでのまとめ