【スリランカ旅行一人旅】初日のホテルをニゴンボにした理由:旅行初日

スポンサーリンク

スリランカへの旅行は、一人旅ということもありとても不安でした。バンダラナイケ国際空港をコロンボ空港と書いているところもあり、コロンボに宿を取るべきか?もしくは、近いニゴンボに宿を取るべきか?と悩みました。また、ホテルの値段もどの程度が良いか?安すぎて大丈夫か?など疑問がたくさんありました。この記事を含め、それらの点をスリランカ旅行記で書いていきたいと思います。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク
 

初日のホテルは空港近くのニゴンボがおすすめ!

私が利用した日本からスリランカへの航空便は、深夜の23:55にコロンボ空港(=バンダラナイケ国際空港)に着くものでした。

そのため、

・着いてからホテルまでどうやって行くか?

・ホテルには、タクシー送迎有り(往復)という表記が多かったため片道で取るのはどうしたら良いか?

という点が悩みどころでした。また、今回Hotels.comを利用した(10泊すると1泊無料になるので)ので、細かい連絡の行き違いがあることも不安でした。

結論から言えば、初日はまず移動の疲れを取りたい!という方はニゴンボにホテルを取るのがおすすめです。ニゴンボは空港に近く、様々なタイプのホテルがあるためです。もちろん、次の日からコロンボを回る方はコロンボに泊まるべきですが、空港からはニゴンボから少し遠いのでそこだけ気をつけてください。(たまに、真夜中のうちにキャンディなど他の都市に移動する強者もいるそうですが)ちなみに、私の場合は、疲れを取るため少しゆっくりできるホテルを予約しました。

 

空港の観光会社デスクでタクシーチャーター!5日で300ドル

空港に到着し、入国審査、荷物受け取りを経て出ると正面に両替ショップ、そして右側に数店観光ツアー会社が並んでいます。

私は、初めはタクシーだけ利用する予定で空港内を探しましたが、タクシー乗り場がわかりません。たまたま「TAXI」という表記があったので聞いてみると「タクシーの手配もしているが、観光ツアーも手配している会社でした。(多分、タクシーだけでもそこで手配するのだと思います)

・「ホテルまでのタクシー」を依頼すると「どのような日程で行くんだ?タクシーを数日チャーターしたほうが安いぞ!」と言われました。また、「毎日、ホテルからタクシーを依頼するのはめんどくさいぞ」と。確かに、その点を予想していたため、まだ、警戒モードでしたが話を聞いてみると、ホテルへのタクシー代と自分が行く予定の全日程を含めての値段を出してくれるとのこと。相場も知りたかったので、中に入って聞くことにしました。

私の場合、ニゴンボ(初日ホテル)➡︎キャンディ(2泊)➡︎シギリア周辺で2泊➡︎空港へ直行(夜中11時くらいまで)の実質5日間で、提示された料金が300ドルで運転手のホテル代込み!(スリランカにはホテルが用意したり、斡旋する運転手専用の宿泊施設があるとのこと)ガソリン代込み!

事前のネットなどの情報で、現地で手配した場合、場所にもよるが1日タクシーをチャーターして1万円いかない程度。逆に、日本から日本語が話せるツアーガイド兼ドライバーだと、1日2万円いかないぐらいとの情報を調べていたため、

結構想定より安い!とのことで契約することに決めました。

スポンサーリンク
 

ちなみに、私が契約したこの観光ツアー会社は、クレジットカード支払いはできません。ただ、円とスリランカルピーの両方を混ぜて払うようなややこしいことも対応してくれてとても信頼が置けました。又、 その円のレートもわざわざ両替屋までレートを確認しにいってくれたのでごまかしもなく、とても印象が良いものでした。

 

支払いを済ますと、タクシー乗り場まで連れて行ってくれてタクシーに乗車しホテルへ移動することになりました。なお、空港内も外もおそらく深夜便が多いためか夜にも拘わらず多くの人がおり、あまり危険な雰囲気はしませんでした。

 

ちなみにぼったくりはなかったか?

私は、ツアー会社からは最終日まで大きなぼったくりはありませんでしたが、ドライバー個人からは

“昼飯をおごる / ホテル代を出して欲しそうにする/友達のお土産屋を紹介してくる”などはありました。

私の対応のオススメは、

「昼ごはんはおごる / ドライバーの宿代は基本払わない(私の場合はある程度良いホテルに泊まったので、無料で付いているの問題なし) /友達の土産屋は、そもそも興味がないそぶりをする」

と言うスタンスがおすすめです。

なぜかと言うと、ご飯に関しては基本おごるといっても私の場合は昼ごはんのみ(朝、夜はホテルで食べるのがほとんどだったので)でした。そのため、ちゃんとしたレストランでも2人分で500円程度、安いところだと200円です。「おごる代わりに、現地の美味しいところに連れていって」と言うことで、観光ガイドに乗っていないレストランに連れていってもらい、マナーを教えてもらい、美味しいおすすめを聞く情報料と割り切りました。

また、そうすることでこちらが「旅の主導権」も握りやすくなります。結局、日本と違って、彼らはプロ意識が高いわけではありません。しかし、せっかくの旅行、こちらも気分よくしたいものです。そのための必要経費と思った方が良さそうです。

 

ドライバーのホテル代に関しては、スリランカではある程度良いホテルは、ドライバーの宿が無料で用意されています。そして、彼らは基本的にタクシーを使うような外国人は、良いホテルに泊まると思っています。そのため、たまに安いホテルに泊まると、ドライバーが”(おいおい、ここはドライバーの宿はないぞ)ホテル代を出してくれ”といい出すのです。

正直、これはツアー会社側の責任ですが、結構海外は適当ですので、ドライバーとの関係性で決めた方が良いかもしれません。(一泊1000円から1500円程度)

一応、契約の際に初めに話しておいた方が良いかもしれません。

 

最後のお土産屋ですが、私は基本的に一番初めに「お土産屋には興味がない」と言いました。その分、「現地のスーパーなどに行きたい」などこちらの好みを伝え、スーパーで少し何かプレゼント(ドライバーの奥さんへ)をドライバーに買いました。そうすることで、早めに人間関係を築こうとしました。

もちろん、他の方法もあるかもしれませんが、長い旅の中で長い時間をすごす相手をうまく乗せることが必要だと感じました。

 

ホテルの住所は控えておこう!

他の国でもそうですが、タクシードライバーは先進国よりも結構適当です。私の場合は、ホテルの名前を告げると「んー、わからないけど、ニゴンボだよね?まずは、そこらへんいくよー」という感じでスタート。ニゴンボの近くで再度聞いてきました。日本からプリントアウトした地図を見せるも日本語表記のためよくわからず。とても焦りましたが、グーグルのオフラインマップでホテルの位置をチェックしていたため、その地図を見せることで助かりました。日本語表記のままの地図をプリントしてしまったことや、今回泊まったホテルに似た名前のホテルが多かったことも分かりづらさの原因だった点もありますが、皆さんも是非気をつけて下さい。

※グーグルマップオフラインの使い方はこちら

関連記事>>>海外旅行で必須!Googleマップオフライン設定方法

スポンサーリンク
 

ブルーウォーターブティックホテルは綺麗で快適なのに安い!

今回私がニゴンボで予約したホテルは、ブルーウォーターブティックホテルです。選んだ決め手は値段とトリップアドバイザーの口コミが良かったこと。移動の疲れを取る目的でしたがこのホテルは良い選択でした。

結局、ホテルに着いたのが朝の1時過ぎとなってしまったため、ホテルの前についてもフロントが真っ暗でまるで営業していないように見えました。恐る恐るドアを開けると、受付のソファーで担当が仮眠を取っていました。あまりにも遅かったため疲れていたようですが、起こすと嫌な顔せず対応してくれました。こちらのホテルでは前日に次の日の朝食を選ぶシステムらしく、朝食のメニューと屋上で食べられるということでその希望も伝え、ホテルの部屋へ移動。2階の部屋でエレベータはなかったのですが、荷物はスタッフが運んでくれました。部屋は広く清潔でとても良いホテルで大満足の初日でした。

 

いかがでしたか?

この記事では宿をどこに取ってどのランクのホテルを選ぶべきか、という疑問に対して、私の体験談を紹介しました。スリランカ旅行記事の続きも是非ご覧ください。

 

スリランカ旅行記カテゴリーリンクはこちら→(http://goodideatrip.net/category/trip/overseas-trip/srilanka2016/)

スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました