【仮想通貨投資】仮想通貨取引所は「Zaif」がおすすめな3つの理由

posted in: お金・投資, 注目記事 | 0

ビットコインなど仮想通貨取引をしたい際には、仮装通貨取引所が必要となります。その仮想通貨取引所で日本で有名なのが「bitFlyer」と「coincheck」と今回紹介する「Zaif」です。この記事では、「Zaif」をおすすめする3つの理由を紹介したいと思います。
それではいってみましょう!

スポンサーリンク
 

 

 

取引手数料が一番安い、特にアルトコイン取引は別格!

ビットコインの取引ができる仮想通貨取引所は日本企業だけでも10種類以上、世界を含めると実に様々な企業があり現在もどんどん増えています。ただし、その中で安心できる日本企業でもっとも有名なのは、「Zaif」「bitFlyer」「coincheck」の3種類です。

そして、「Zaif」は、「bitFlyer」や「coincheck」と比べて、アルトコインの取引手数料が確実に安いです。

なぜなら、「Zaif」は、「bitFlyer」と「coincheck」と違い、アルトコインを買う際の方式が、「取引所形式」だからです。

ビットコインや仮想通貨を買う「仮想通貨取引業者」には、「販売所」と「取引所」があります。

販売所とは、「仮想通貨取引業者(bitFlyerやZaifなど)が持っている仮想通貨をユーザーに販売する所」

取引所とは、「ユーザー同士が仮想通貨を取引する所」

です。

「Zaif」は、ユーザー同士が取引する「取引所形式」のため、安いんですね。

*「bitFlyer」は「ビットコイン」の「販売所」と「取引所」の両方あります。アルトコインの取引所はありません。

私は「bitFlyer」で取引を始めた際にこの「販売所形式」と「取引所形式」を知らずに「イーサリウム」「モナコイン」の取引で多額の手数料を発生させていました。(最終はプラス利益でしたが、それに気づいてからはアルトコイン取引は必ず「Zaif」でするようにしています。)仮装通貨取引所はそこを詳しく解説してくれませんよね。

 

 

ビットコインとアルトコインとは?

「仮想通貨」「ビットコイン」「アルトコイン」など様々な言葉がありますが、何が違うのでしょう?仮想通貨には1000種類以上もあり、現在も増え続けています。その中で最も有名なのが「ビットコイン」です。そして、ビットコイン以外の暗号通貨の総称が「アルトコイン」と呼ばれています。

ですので、「Zaif」は、「ビットコイン以外の暗号通貨=アウトコインの取引手数料が一番安い」ということです。

なお、「Zaif」はビットコイン取引所もあるので、ビットコインも他社同様の手数料で安く売買できます。

 

 

積立ができる

「Zaif」では、2017年11月現在「ビットコイン」「イーサリウム」「NEM(XEM)」「モナコイン」の積立が可能です。

「bitFlyer」もクレジットカードでビットコインの積立ができるそうですが、手数料が不透明です。ネットで調べると7.5%~10%も取られている人もいるようです。。

その点、「Zaif」では、手数料が安めに設定されています。積立金額も、月1,000円以上から1,000円単位で、100万円まで可能。毎月27日までの口座から自動引き落としになります。

毎月の積立額と手数料
積立金額 手数料
1千円~2千円 一律100円
3千円~9千円  3.5%
1万円~2万9千円  2.5%
 3万円~4万9千円  2.0%
 5万円以上  1.5%

「銀行印不要で、全てオンラインでの申し込みで完了する」点も大きいですね。1,000円のみの積立だと、10%手数料がかかってしまいますが2,000円で5%の手数料、それ以上だとより手数料が下がっていくので「bitFlyer」よりも割安ですね。

 

 

積立はこんな人におすすめ

積立投資は、ドル・コスト平均法によって、価格が高い時に少ない量、価格が低い時に多くの量を買うことになり変動率(ボラティリティ)の高い投資には有利な手法となります。特に、仮想通貨は、めちゃくちゃ変動率(ボラティリティ)が高いので、長い目で見るとドル・コスト平均法の勝算が高くなると思います。

「予算が決まっているけど、いつ買えばいいかわからない」「毎回売買するのが面倒だ」という方におすすめです。

私は現在、仮想通貨の値動きをみて「今買うか?」「そろそろ下がりそう」などというのを毎日楽しみにしていますが、ある程度利益が増えていったらこの積立方式にシフトしていきたいと考えています。

 

 

トークンの売買ができる

「Zaif」が違うのが、「トークン」の売買ができる点です。

「トークン」とは何か?というのは本当に難しいです。が、

「現在あるブロックチェーン技術をそのまま使って作った仮想通貨を「トークン」と呼ぶ」(ことが多い)」

という理解が良いと思います。なお、”イーサリウム”などは、「独自のイーサリウムというブロックチェーン技術をつかった仮想通貨」なので、”イーサリウム”と言われているという感じです。

 

投資の観点からみると

「トークン売買は、未上場企業が発行する株式のようなもの(=トークン)を売買するところ」

という理解が近いと思います。

 

私が魅力的に思っているのは、このトークンが「もしかしたら、投資として化けるかもしれない」「今後の世の中を変える可能性がある技術かもしれない」という期待を持っているからです。

こういう所を、早めに押さえておくことで、わずかな元本であっても数年後への大きな違いが出るのではないか?と思い、本当に少額からですが少しづつはじめています。

ただし、値下がりリスクもあるので注意が必要です。

 

 

デメリット「売買が成立しにくい」

「Zaif」にはデメリットもあります。

それは取引所の利用者が少なく取引が成立しにくいことです。「bitFlyer」と「coincheck」などの販売所の場合、販売所が「販売」しているので自分が欲しい分はすぐに取引成立しますが、参加者が少ないとなかなか取引が成立しないことがあります。

この点は、参加者が増えることで徐々に解決していくこととは思いますが、少し時間がかかるかもしれませんね。

 

 

まとめ

3つのおすすめ理由

・アルトコインが安い

・積立ができる

・トークン売買ができる

デメリット

・取引が成立しにくい

 

 

いかがでしたか?この記事では、「Zaif」をおすすめする3つの理由を紹介しました。

2017年11月19日時点で、ビットコインは約87万円です。2017年1月1日当時が約10万円ですので、8倍以上。11月1日が72万でしたので、1ヶ月でも約10万円の値上がりです。

追記:2017年12月10日

ビットコインは現在150万円付近で年初から15倍。どこまで伸びるのでしょうか。

 

 

(出典:ビットフライヤー)

 

私も最近仮想通貨取引を始めて感じたことですが、最近は登録が急増しているようで、本人確認等の手続きに時間がかかります。

私は確か、申し込みから2週間程度はかかりました。多くの人が取引を初めているので、価格も上がっているのかもしれませんね。

 

ですから、興味がある人は、まずは申し込みだけでも先に行っておく事をお勧めします。

登録自体は、印鑑不要ですべてネット上で完結するので、5~10分もあれば終わります。

 

\この機会に始めてみて下さい!無料です/

“登録に時間がかかるのでお早めに!”

【Zaifの公式ホームページへ】

 

次の記事へ>>>【初心者向け簡単完全ガイド】仮想通貨取引におすすめの「Zaif」の口座開設方法、入金方法

 

仮想通貨関連記事まとめページ>>>【仮想通貨投資】投資の始め方やおすすめ取引所、両親へのアドバイスまでのまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA