【定番リスト!】初めての大人の海外旅行持ち物リストとおすすめグッズまとめ

スポンサーリンク

初めての海外旅行では、誰しもが準備にあたふたした経験を持っているのではないでしょうか。準備しているうちに荷物がだんだん増えていく事は、よくある事かと思います。

旅行準備でおすすめなのは、「自分用の定番リスト」を持ち、それに従って計画的に準備を行う事です。
ここでは、そのリストを紹介すると共に、必需品とは言えなくても、「持っててよかった」と思えるものも紹介したいと思います。このページは、定期的に最新情報に更新していきたいと思います。
それではいってみましょう!

  スポンサーリンク
  

 

 

これを持参すれば安心!定番持ち物リストまとめ

まず、海外旅行の必需品を、以下のリストにまとめました。必需品と言えども、重要度はそれぞれで異なる為、重要度を3段階に分けてまとめてあります。なお、リストは大人がそこそこのランクのホテルに宿泊し、旅をする想定で作成してありますので、是非参考にして下さいね。

*重要度:◎(必須)、◯(あれば便利)、△(なくてもなんとかなる)       ​

証明書

お金

交通

宿泊

パスポート

ホテルに着けば金庫へ

海外旅行の際、必要とされるパスポートの有効期限は、入国する国によって異なる為、事前にチェック。パスポートのコピーは、お酒を飲む際の年齢証明として使用する場合もある為、あるとGood。

ビザホテルに着けば金庫へ渡航先の国によって必要か必要でないかが異なる為、事前にチェック。
 海外旅行保険証券ホテルに着けば金庫へ 
現金  常に携帯両替する通貨がドルやユーロの場合は日本で両替した方がお得。それ以外の通貨は現地で両替した方がお得。
クレジットカード 常に携帯海外旅行保険の付帯付きカードは必ず持参。 VISA card/Master card両方利用できる方が安心。
航空券ホテルに着けば金庫へeチケットのコピーも忘れずに。
ホテル等日程表 常に携帯宿情報をプリントアウトして持参&データ化して携帯等に保存が安心。

医薬品

日用品

洗面用具

医薬品 

 ◎ ホテルへ着けば部屋へ

常備薬は必須。個人的には正露丸は、海外旅行時に必須。絆創膏も忘れずに。ちょっとしたケガをした際に使える。

日焼け止め

ホテルに着けば部屋へ

 

コンタクトレンズ(洗浄液)・メガネ

 ◎ ホテルへ着けば部屋へ 
整髪料 ◯ ホテルへ着けば部屋へ 
虫除けグッズホテルへ着けば部屋へ 
マスクホテルへ着けば部屋へ機内での乾燥対策や臭い対策に。(外資系エアラインでは、臭いのついた食べ物を食べている乗客や、香水の香りがきつい乗客が多い為)
ウエットティッシュホテルへ着けば部屋へ  コンビニで貰うウエットティッシュで十分。また手拭き用や、何かをこぼした時用にも便利。また、空港の税関でチェックを受ける際、チョークなどで印を荷物につけられる事がある為、それを拭き取るのにも役立つ。
女性のみ化粧品・スキンケア類 ◯ ホテルへ着けば部屋へ 
 生理用品ホテルへ着けば部屋へ 
男性のみ髭剃りホテルへ着けば部屋へ 
電子機器        携帯 ◎ 

常に携帯 

SIMフリー、もしくはレンタルWi-fiを利用すると、安心してインターネットに接続できる。
 カメラ ◯ 常に携帯 
変圧器・電源プラグホテルへ着けば部屋へ渡航先の国によって必要か必要でないかが異なる為、事前にチェック。
 充電器(USBコードも)ホテルへ着けば部屋へUSBコードは、機内に充電用に使用できる場合がある為、念の為持参すると便利。

ipad等のタブレット

(機内用) 

 ◯ ホテルへ着けば部屋へANAやJALなどの日系エアラインを使う場合は別だが、外資系エアラインでは、日本語対応の映画が少ない場合があり、その際に重宝する。
衣類

着替え

(下着・靴下・羽織物)

 ◎ホテルへ着けば部屋へ男性はベルトも忘れずに。かさばる着替えは衣類圧縮袋に入れ、下着や靴下等の細かい衣類は、丸めてキャリーケースの隙間に入れると緩衝材代わりに。靴下は、飛行機用の厚手のものを、別に一束用意すると寒さ対策に。
フォーマルウェア ◯ ホテルへ着けば部屋へTPOを考えると必要な場合も。旅行先で良いレストランにいく予定があるなら、ジャケット・ワンピースはもちろん、服装に合わせた靴も必要。
部屋着(パジャマ)ホテルへ着けば部屋へ 
帽子常に携帯 
その他ガイドブック 常に携帯 
ダミー財布・セキュリティポーチ 常に携帯海外旅行の際は防犯上、いつも使用する財布とは別に、現金やクレジットカード等を分けて、身につける事をおすすめ。セキュリティポーチは首からぶら下げて、服の中に隠せるタイプだと便利。その中にパスポートのコピー等を入れられるとさらに良い。
雨具 常に携帯 
水着ホテルへ着けば部屋へ 

 

 

持っててよかった!おすすめ持参物!

ここからは、今までの海外旅行の経験の中で、『生活必需品とは言えなくても、「持っててよかった」と思えた便利な持ち物』について紹介していきます。

 

機内持ち込み編

フード付き上着

男性・女性問わず、上着の準備は必須です。飛行機内の空調の設定温度が予想以上に低く、日本人には寒すぎることが頻繁にあります。特に、外資系エアラインや日本へ帰る海外発の便では、機内配布のブランケットや長袖だけでは耐えられないことも頻繁に起こります。その点、フードがついている上着は本当に寒い場合は上や首回りから冷気が入るのを防ぐことができるのでおすすめです。

 

 

預け入れ荷物編

・衣類圧縮袋

海外旅行の準備では、パッキングスキルが求められますよね。こちらの衣類圧縮袋は、丈夫でおすすめですよ。私自身何年も使っていますが、未だにボロボロにならず、かつしっかり圧縮できています。また、サイズがS、M、L、LLと4種類あり、カラーも分かれている為、キャリーケースを開けた時に、一目でどこに何があるのかわかるのも嬉しい点です。

 

 

・ガムテープ(ダクトテープ)

海外旅行では、稀にカバンやリュックが破れたり壊れたりする事があります。私はいつも海外にいく際は、手のひら3重くらいに巻いた長さのガムテープ(ダクトテープ)を持参し、そういう時の応急処置に使える様に準備しています。過去に2度ほど移動中のスーツケースの破損や中のメッシュの穴が空いた時の緊急手当時に重宝しました。あくまで緊急用ですが、案外役にたつものです。

 

 

ビーチ編

・防水携帯ケース

海外旅行で、海に入りながら遊んでいる様子を撮影したり、海中を撮影したりしたい人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが、防水携帯ケースです。購入前はさほど必要性を感じませんでしたが、購入後、写真を取るだけでなく、貴重品を手元に置いておける安心感も含めて買ってよかったと感じました。

ちなみに、防水携帯ケースには、柔らかい素材のソフトタイプと、硬い素材のハードタイプとがありますが、こちらはソフトタイプです。海の上での写真撮影はもちろん、海の上で通話もできましたし、水に浮く素材になっているので、落としてなくすこともありません。上部にストッパーが2つついていますが、開け閉めがしやすく、何回も使用しているのに全く中に水が入らない為重宝しています。色々な防水携帯ケースのレビューを見ましたが、やはり安いものは結局水が中に入ってしまうものが多いそうです。こちらの商品はレビュアーの方が、全員高い満足度を得ていた為、購入しました。高い防水性だけでなく、ビーチの砂などを防ぐ防塵性も高いものがあります。首にかける為のストラップがついているのも嬉しい点ですね。なお、使用の際には、少しコツがいるので水中で使う前に少し練習する事をおすすめします。

 

 

折りたたみサングラス

サングラスは今まで、安いものから高いものまで色々試してきましたが、一番使い勝手が良く、コスパも良いと感じたのがこちらのZoffの折りたたみサングラスです。耳にかける部分のパーツが折りたためる様になっている為、最終的には、小ぶりなみかんサイズの大きさになります。コンパクトに荷物に収納できますし、取り出す際も簡単に取り出せる為、おすすめですよ。なおかつ軽い!しっかりと紫外線は防いでくれる!という事で、おすすめのアイテムです。

 

 

シュノーケルグッズ

本格的なダイビングはしないが、浅瀬に潜って海外の綺麗な海をじっくりと眺めたい!と思って、購入したのがこちらの商品です。先程の、防水携帯ケース同様に、購入前はさほど必要性を感じず、「現地でレンタルをすれば問題ない」と思っていました。しかし、現地でレンタルできるものは、作りが甘かったり、外に置いたままの保管も多くゴムの部分が劣化しているものが多く、使用時のストレスを多く感じました。その経験から、日本で買って持っていく様になりました。

こちらの商品はマスクとシュノーケルの2点セットです。浅瀬に潜るくらいなら、これくらいで十分だろうと思い、購入しました。こちらの商品で私が最も気に入っている点は、マスクの防水性が高く、中に水が入りづらいところです。私はコンタクトレンズを使っているのですが、つけたまま使用してもあまり気にならない為重宝しています。また、セットのシュノーケルは、初心者に程よく使いやすい構造になっています。

 

 スポンサーリンク
 

 

いかがでしたか?
ここでは、海外旅行に必要な持ち物リスト(重要度分類別)とおすすめグッズを紹介しました。このリストを参考にして貰って、自分なりの定番持ち物リストを作ると、いつもスムーズに準備が進むかと思います。おすすめグッズは、また新たなものが見つかれば、随時更新していきたいと思います。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました