【日本人に人気!】海外取引所KuCoin(クーコイン)の登録方法と使い方・メリット

スポンサーリンク

今回は、日本語対応している数少ない海外仮想通貨取引所「KuCoin(クーコイン)」の登録方法とメリット・デメリットと使い方を解説します。

2018年1月8日現在、草コイン(日本の取引所で扱われていない、メジャーではない仮想通貨の事)を買えば買うだけ儲かるチャンスがあるような状況の中、KuCoinに人気が殺到しています。

 

そんな人気の取引所で投資をする際に、気になるメリットや、登録方法、注意点を説明していきます。

それでいってみましょう!

 

KuCoin(クーコイン)登録ページ

 

 

KuCoin(クーコイン)とは

2017年9月に中国で新しく設立された仮想通貨取引所です。ただ、新しいながらも、Kucoin Blockchain Asset Exchange Platformの創業チーム自体は2011年からブロックチェーン技術に関する研究をはじめていたようですね。

取り扱い銘柄も60以上と多く、どんどん増えていますし、日本語対応の海外取引所として使いやすい画面も好感が持てますね。

 

 

KuCoin(クーコイン)の特徴・メリット

ここからは、KuCoin(クーコイン)の特徴やメリットを確認していきましょう。

 

日本語対応で見やすい画面で日本人が使いやすい

まず、日本語対応しているのが良いですね。また、トレード画面もシンプルで使いやすいため、ストレスを感じず使いやすい点が魅力です。

KuCoinの注文画面

 

 

値上がりが期待できる通貨(コイン)を扱っている

そもそも海外の取引所に口座を作る理由は、日本では取り扱っていない仮想通貨を買う事で、ものすごい値上がりが期待できるのが大きいと思います。「KuCoin」に登録している全銘柄に投資している方もいるようで、相当のリターンになっているようです。

 

 

取引銘柄が多い

KuCoin(クーコイン)では、現在60以上の銘柄を取り扱っており、どんどん増えています。日本の仮想通貨取引所では扱っていない「草コイン」と呼ばれる銘柄も多いのが特徴です。

もちろん、ビットコイン(BTC)、イーサリウム(ETH)、ビットコインキャッシュ(ETH)などの主要な銘柄も取り揃えていますので、草コイン投資以外でも使える仮想通貨取引所ですね。

 

【取り扱い銘柄例(1月8日現在)】

 

 

KCSを購入、保有しているだけで毎日配当がもらえる

KuCoin取引所が、独自で取り扱っている通貨に(KCS:KuCoin shares)というものがあります。その通貨を保有すると、

•手数料割引のメリット

•持っているだけで、なんと毎日配当がもらえる!

というメリットがあります。

しかも、配当の報酬は、「KuCoin取引所全体で発生した手数料の50%を、自分が持っているKCSの量に応じて配分される」というものです。

 

現在、海外の取引所はどんどん新規参入者が増えているので、取引高も増えています。取引所が大きくなると、それだけ手数料報酬も増えてKCS価格も上がっていくでしょう。KCS自体は日本ではさほど知られていませんが、今の時代このような情報はすぐに広まりますので、購入するなら早めの方が良いと思います。

私も、ひとまずKuCoinに登録して、はじめにKCSを購入しました。

 

 

KuCoin(クーコイン)のデメリット

KuCoin(クーコイン)のデメリットも確認しておきましょう。

 

人気急上昇すぎて、新規申し込みをまた停止するかも!?

2017年1月7日にKuCoinは新規申込を停止していました。

その後、KuCoinは新規申込を再開しましたが、その他のBittrex、Crytopiaなどの取引所は停止のままです。申込が急増のため、再度停止してしまうかもしれません。私は、機会損失を防ぐためにも再開しているうちに登録しました。ただ、今後も停止する可能性があるかもしれませんので気をつけましょう。なお、新規申込が停止しても、取引、出金などは停止されていません。

 

海外の仮想通貨取引所

KuCoin(クーコイン)は中国(香港)の取引所ですので、中国の仮想通貨の規制に影響されることがあります。2017年にでた中国の規制では影響はありませんでしたが、そのような情報は気をつけておく必要があります。もしもの場合は、買っていた通貨をBTCなどに変えて日本の取引所に送るなどの対策が必要です。

とはいえ、そのようなリスクは(大小の違いはありますが)全ての取引所に存在します。ですので、取引所は数ヶ所利用することをおすすめします。

 

 

KuCoinの使い方

ここからは、実際にKuCoinの登録方法、取引方法を解説したいと思います。

KuCoin(クーコイン)はメールアドレスだけですぐに登録できます。作業自体は5分もかかりません。

Zaifなどの日本の取引所とは違い、ハガキを受け取る必要がないので登録完了した次の瞬間から利用可能です。

 

 

登録方法

まず、こちらからアクセスします。

KuCoin(クーコイン)登録ページ

 

 

右側にある「日本語」を選択して、右上の「新規登録」を選択します。

 

 

メールアドレスとパスワードを入力します。「初代コード」は未記入で構いません。

 

 

メールが送られますので、登録したメールアドレスを開きましょう。

 

 

KuCoinから確認メールが届きます。本文内にあるリンクをクリックしましょう。なお、日本語のメールの場合と英語のメールの場合がありますが、どちらでも問題ありません。

これで正式に登録完了です!

※登録者多数のため、確認メールがすぐに届かない場合がありますが、数時間ほど待つと届きます。
ちなみに、届いたメールの有効期限が万が一きれていた場合は、サイトにログインすると確認メールを再送することができます。

 

 

2段階認証は必ず設定

次に、セキュリティのために2段階認証を行います。ハッキングのリスクをなくすために必ず行いましょうね。

まず、上部にあるメニューの「設定」を選択して、左側メニューの「グーグル2-ステップ」を選択します。

「グーグル2-ステップ」で「Google Authenticator」というアプリを利用して、QRコードを読み込みます。

するとアプリ内に6桁の数字が表示されるので、数字を入力します。

そうすると、2段階認証の設定が完了します。

その後は、ログインや、売買する際に2段階認証が必要となります。ハッキングなどに備えて、セキュリティをあげる2段階認証は必ず行いましょうね。

 

 

通貨(コイン)入出金方法

KuCoin(クーコイン)のウォレットに通貨を入出金する方法を説明します。

上部にあるメニューの「資産」を選択すると、通貨の一覧が出ます。

一覧の中から、自分が送りたい通貨を選び、右側の「入金」を選択します。

そうすると送り先のアドレス表示されるので、自分の持っている他の取引所から通貨を送ると完了です。

なお、私は、BCHで送付しました。(通貨一覧のめちゃめちゃ下にありました。)Zaifから送付しましたが、1時間半程度で反映されました。

※出金の場合は、「入金」ボタンの下の「出金」を選びます。出金時は、最低出金数と手数料がかかりますので注意しましょう。

 

 

取引方法

 

取引画面へは、上部にあるメニューの「マーケット」を選択すると各基軸通貨とペア通貨の一覧が出ます。

そこから、自分の必要とする通貨のペアを選びましょう。なお、BTCが一番ペア通貨が多いので、BTCが便利です。

(私はBCHを送ったので、BCH/BTCでBTCに変えた後に、KCSを購入しました。)

 

 

 

あとは、基本的に他の取引所と同じように利用できます。右下の「買いたい値段」「購入数:金額」を入れて、「買収」ボタンを押すと購入完了です。

売買の際には、先ほど設定した2段階認証の6桁の番号が必要となるので、アプリを起動させて購入しましょうね。

 

注意点

海外の取引所ですので、ある程度仮想通貨取引に慣れた後に使いましょう。はじめての仮想通貨取引所には向きません。

また、海外の取引所なので、勿論問題が起きた場合の問い合わせも英語ですし、対応をしてくれるとも限りません。

「必ず、自分自身でそのリスクを判断した上で、余剰資金での運用を心がけましょう」

なお、はじめての取引所は、日本のbitFlyer、Zaifのどちらかが良いと思います。コインチェックは、XEMの問題があるため、現在はおすすめできません。取引手数料を考えると、1番のおすすめは積立があり取引手数料が安い「Zaif」ですが、bitFlyerは、セキュリティに力を入れているのでその点は評価できます。

ただし、

現在、自分の口座の仮想通貨をなんらかの形で紛失した場合(盗まれたとしても)その損失補填を保証してくれる取引所はありません。

全ては、自己責任となりますので、注意しましょうね。

 

\「bitFlyer」の口座は無料で作成できます。ぜひ、この機会に始めてみて下さい!/

“登録に時間がかかるのでお早めにどうぞ!”
【bitFlyerの口座を開設する】

 

 

\まだ、Zaifの口座を作ってない人はぜひ、この機会に始めてみて下さい!無料です/

“登録に時間がかかるのでお早めに!”

【Zaifの公式ホームページへ】

 

 

草コインには気をつけよう

草コイン(日本の取引所で扱われていない、メジャーではない仮想通貨の事)は、大きな値動きの幅があります。気をつけましょうね。

KuCoin(クーコイン)登録ページ

 

 

[ad#side-1] 

タイトルとURLをコピーしました