【新千歳空港温泉】1500円で温泉・マッサージ・漫画は安い!飛行機発着も見える露天風呂!

 

北海道の玄関口、新千歳空港に実は温泉があるのはご存知でしょうか?国内線の4階には「新千歳空港温泉 万葉の湯」があり旅の前後に空港内で温泉に入ることができます。今回初めて訪れましたが、施設内も充実していて各種マッサージや無料の飲み物、漫画が読めるリラックスコーナーなどもあり、空港で美味しいものを食べた後に寄るのにも最適でした。北海道は広いため移動に時間がかかりますが、空港内の施設をうまく利用することで北海道の魅力を初めから最後まで存分に楽しむことができますね。
それではいってみましょう!

スポンサーリンク
 

 

和テイストの入り口が雰囲気を盛り上げる!

新千歳空港の国内線の建物を4階まで上がると見えてくるのが「新千歳空港温泉」です。建物の中に和のテイストの温泉が出現します。温泉成分は塩分を含むナトリウム塩化物泉で弱アルカリ性の美人の湯と言われています。湯上りになめらかでツルツルした素肌になるようです。

 

 

中は広くさすが北海道。他の空港の施設のように手狭な感じはしませんね。また、飛行機の運航を示すモニターも設置されていましたので、搭乗前後の空いた時間で利用する方も想定しているようですね。

 

 

 

お風呂上がりには無料のお茶とコーヒー

大浴場の手前には無料のドリンクコーナーがあり、お茶やコーヒーを無料で飲むことができます。ホッと一息つくことができますね。 

 

 

充実のリラックスルームも完備!女性専用リラックスルームも!

施設内で私が本当に素晴らしいと感じたのがこのリラックスルームです。夫婦やカップルで来ても片方が温泉から出る間にこちらでリラックスして待つことができます。各ソファーにはTVがついていますし、後ろには漫画なども充実しています。広い室内で快適に過ごすことができます。

 

 

壁面には、漫画や雑誌が並んでいて自由に読むことができます。

 

 

女性には女性専用のリラックスルームもあるので安心ですね。

 

 

女性にも嬉しいエステ施設や岩盤浴も完備!

温泉に入った後にマッサージを受けることができます。タイ古式マッサージ、足裏以外にも、ボディー&ヘッドマッサージなどコースも充実しています。

 

 

また、温泉以外にも岩盤浴も楽しむことができるようです。

 

 

もちろん食事処も!

食事するスペースもあり、ご家族でゆっくりされている方たちが多数おられました。ちょっとした軽食からご飯まで楽しめます。

 

 

施設の営業時間、料金などの基本情報

営業時間:
午前10:00~翌朝9:00(23時間営業)/大浴場 朝8:00終了(最終受付 朝7:30まで)/閉館時間 朝9:00

場所
北海道千歳市美々987-22 新千歳空港国内線 ターミナルビル4F

定休日:なし
アクセス:新千歳空港(鉄道)駅[出口]から徒歩約3分
TEL:0123-46-4126

セット入館料(入浴料・浴衣・バスタオル・タオル館内利用料金の セット割引料金):
大人1500円・小人800円・幼児600円

朝風呂[午前5:00~8:00(最終受付7:30)]入浴料金:
大人800円 小人・幼児400円

深夜料金(深夜1時以降は、深夜料金が別途必要※深夜料金対象のお客様は朝食が無料サービス)
大人1500円・小人800円・幼児600円

岩盤浴料金:
大人(中学生以上)700円

 

マッサージ各種料金
ボディケア(20分)2,300円~
バリニーズエステ(50分)6,500円~
タイ古式マッサージ(40分)4,200円~
中国式足裏健康法(20分)2,300円~
あかすり(30分)3,980円~

 

スポンサーリンク
 

 

 

いかがでしたか?

この記事では、1500円で温泉・マッサージ・漫画etcを堪能できる新千歳空港温泉を紹介しました。飛行機発着も見える露天風呂!空港内にある温泉施設というのはなかなか珍しいのではないでしょうか。温泉内には小さいですが露天風呂があり、飛行機が停まっているところを見ることができます。お子さんを連れていっても楽しいのではないでしょうか。旅の疲れを癒したり、非日常の貴重な体験もできると思います。

 

コストをかけずに旅行で色々な場所に行くことができた方法はこちら

ANAマイルの貯め方、交換の仕方まとめページはこちら

  • 投稿が見つかりません。

 

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA