【スリランカ旅行一人旅 】壮大な石窟!世界遺産ダンブッラ黄金寺院:旅行4日目

スリランカ一人旅四日目は、聖地キャンディからシーギリア地方に向けての移動です。その途中で世界遺産のダンブッラ黄金寺院を訪れました。また、その途中にドライバーさんに紹介してもらったヒンドゥ寺院も素晴らしかったので、そちらも紹介したいと思います。
それではいってみましょう!

スポンサーリンク
 

 

 

ヒンドゥ寺院の装飾に圧倒される!

キャンディからダンブッラ黄金寺院に行く途中にドライバーの方から「スリランカの寺院もすばらしいが、違うタイプのお寺もあるよ」と言われ連れて行ってもらったのが、こちらの寺院です。マータレーという街にあるヒンドゥ式の寺院で、南インドからのタミル人の方達が主に信仰しているそうです。南インドの建築様式で塔にヒンドゥ教の多くの神様が飾られているのが特徴的でした。

 

こちらの寺院は、観光客も入場料を払えば入ることができます。(250スリランカルピー)当日は、私以外にも欧米の方も数名の団体で来ていました。こちらのメインの建物の右手前でチケットを払うことができます。わからない方は、入り口の警備員の方に聞くと教えてくれます。

dsc00335

 

 

こちらの寺院の素晴らしさは何といっても、様々な種類の装飾にあります。色とりどりの装飾や様々な神様の像があります。

dsc00336 dsc00337 dsc00338

 

 

建物の正面からは気づきませんでしたが、横に回ると大変高い建物となっています。

dsc00388

 

 

祭壇は数箇所あり、地元の方がお祈りに来ていました。

dsc00343

 

 

入り口に置かれた朱色の粉。インドで見られるおでこにつけるビンディですね。

dsc00405

 

 

象をモチーフにした装飾

dsc00375

こちらの寺院以外にもヒンドゥ式寺院は街中にありましたが、ここまで大きいものはなかったので感動しました。日本のガイドブックにはあまり大きく載っていないですが興味がある方は参考にしてくださいね。

 

 

山の中にあるダンブッラ黄金寺院。金の大きな仏像は入り口だった!

マータレーのヒンドゥ式寺院を訪問した後、ダンブッラに行きました。キャンディから72kmありますので、結構時間がかかります。訪れる方は時間に余裕を持ちましょう。

ダンブッラ黄金寺院は、スリランカで最も保存状態が良い石窟寺院だそうです。

遠くからも見える大きな金の仏像と正面のデザインが特徴的ですが、実は正面の入り口は、博物館の入り口で、黄金寺院ではありません。ただ、本当に特徴的な入り口で面白いです。

dsc00425

※ 黄金寺院へのチケットは、必ずふもとで購入する必要があります。この建物を正面に見て右手にチケット売り場があります。だだ私が訪れた日はなぜか無料の日とのこと。普通は1500スリランカルピーかかるそうです。

 

 

また、大きな金の仏像は、寺院では無いので訪問する人も少なめでした。

dsc00427

 

 

右横の階段の周りの画像。とても特徴的な造形でした。

dsc00426

 

こちらが黄金寺院に登るスタートの部分です。先ほどの博物館の左側です。ここから寺院に行くまでに約150メートルの高さを登ります。

dsc00433

 

 

寺院への道

dsc00434

 

寺院までには、結構な距離があります。途中で飲み物や果物、アイスなども売っていました。dsc00435

 

 

登る途中の景色。高さを感じることができます。また、とても風が強い日でした。

dsc00436

 

 

入り口に入る前に靴を脱ぎます。スリランカの寺院ではどこでも裸足になる必要があります。靴を置くところは、入る手前にあります(すみません!画像撮り忘れました!)確か、15スリランカルピー程度でしたが、5ルピーが無いので、大きな札を出そうとすると10ルピーにしてくれました。

dsc00443

 

 

なお、昼間に登るとめちゃくちゃ足が熱いです。日陰があるのでそこを歩くと良いと思います。

dsc00437

dsc00457

 

 

中に入ると、本当に岩を削ってできた寺院が広がっています。大小5つの石窟があります。その中に様々な像や絵画があります。それらは、釈迦とその生涯に関係したものだそうです。

dsc00459

dsc00444

dsc00458

 

 

岩の中に、たくさんの仏像があるのは見応えがあります。 dsc00449

 

やはり、特徴的なのは、色使いですね。

dsc00456

※寺院内の写真撮影は許可されていますが、神聖な場所ですので仏像とツーショットを撮るなどの観光地的な写真はやめましょう。

 

 

入り口と出口は同じです。出口の横にこのような場所があり旅行者と思われる人たちが座禅をしていました。風が強く吹いて自然を感じられる場所でした。柵が無いので気をつけてくださいね。

dsc00468

スポンサーリンク
 

 

ダンブッラ黄金寺院への道筋は、下から寺院に登るまでに40分程度。中を見て30分程度。下りを入れて、約2時間程度かかります。シギリアロックはこの倍ほど時間がかかるので、準備運動として良い場所だと思います。なお、シーギリア地区から車やバスで、1時間程度。キャンディから2時間半程度です。

dsc00479

風が強いので、帽子等飛ばされないようにしてくださいね。また、登りは一応階段もありますが、動きやすい靴でいくことをオススメします。なお、地元の方と思われる人の中には寺院の中だけでなく、山の下から裸足で登っている方もいました。鍛え方が違いますね。

 

 

いかがでしたか?

この記事では、壮大な石窟で有名な世界遺産ダンブッラ黄金寺院を紹介しました。スリランカに根付いた仏教ですが、様々な形式の寺院であれど人々に大事にされていることがわかりました。ダンブッラ寺院は山の上なので、少し大変ですが興味深い体験ができると思います。シーギリア地区に行かれる方はここまで足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

スリランカ旅行記カテゴリーリンクはこちら→(http://goodideatrip.net/category/trip/overseas-trip/srilanka2016/)

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA