【スリランカ旅行一人旅 】日本人にあう!現地で食べたおすすめ料理たち

スポンサーリンク

海外旅行で私が気にするものの上位に「食べ物」があります。いくら素晴らしい景色があったとしても、日々のエネルギーである食事が合わなかったり、お腹を壊してしまうと楽しめません。この記事では私が旅行中食べたスリランカ料理をまとめました。スパイシーではありますが日本人にあう味でとても美味しかったので是非オススメです!

それでは行ってみましょう!

 

 

まずは、スリランカのカレー!右手を使って混ぜて食べる!

ニゴンボからキャンディに向かう途中で寄った店です。入ってすぐのところは、パンが売っていて奥がレストランの形式でした。こちらは、バッフェ形式でお皿に好きな食材を乗せて食べるものでした。最後に店員に会計をお願いして、テーブルで清算です。ドライバーと一緒に食べて約700スリランカルピー程度(350ルピー/1人=約250円)でした。これを、右手のみで混ぜながら食べます。だいたい、どこの食堂も手洗い場があるので食べる前に洗っておくといいでしょう。外国人へはお願いするとスプーンを出してくれるところがほとんどでしたが、スリランカに来たのですから手で食べることに挑戦してみてはいかがでしょうか?コツとしては、親指と、人差し指から薬指の3本を広く使うと食べやすいと思いますよ。

img_0437

 

 

シーギリア地区のフィッシュカレーは、自由に盛り付けスタイル!

タンブッラ黄金寺院から30分程度車で行ったところにあるレストランでは、フィッシュカレーを注文しました。こちらは、席について注文すると店員さんがお皿をたくさん持ってきて、自分の皿に取り分けて食べる形式のものでした。

dsc00485

 

 

手前に見えるのが、私の皿でその上にある小さい皿にある具をスプーンを使って自分の皿に盛り、食べる時は右手で混ぜて食べます。スリランカのカレーは、日本とは違い水っぽくサラサラしています。また、スパイシーな具も多いため試しながら食べると良いと思います。

dsc00486

 

 

屋台で食べたスリランカの焼きヌードル!

こちらは、シーギリア地区で夕飯に行ったレストランです。入り口にはこのように注文する場所があり、そこで注文して奥で食事をするスタイルでした。

img_0511

奥から見た様子

dsc00584 

こちらが、購入した焼きヌードルです。このようなスタイルでも右手で食べるのが地元のスタイルですが、スプーンもつけてくれました。麺は米で作られておりイメージよりもヘルシーな味でした。200スリランカルピーで、飲み物を合わせても350ルピー程度(約250円)で満腹になりました。

%e5%88%87%e3%82%8a%e6%8a%9c%e3%81%8d

 

 

 

 

シーギリアで食べたワデーがうまい!!

シーギリア地区では、ランチも行きました。写真の右上の丸いものがワデーで穴が空いたものと、丸いものがありました。イメージとしては甘く無いドーナッツといったところですが、私はとても気に入り露店で見つけると買っていました。1つ25スリランカルピーで安いのも魅力です。なお、真ん中にあるクレープのようなものは、ロティというものでスパイシーなタレをつけて食べるのが一般的なようです。

dsc00766

 

 

こちらのランチは、外で調理しておりそれらを目の前で1つ1つ注文していきます。dsc00765

 

こちらが、先ほどのワデー。

dsc00764

 

 

専門の農園で取れた果物で作ったフルーツジュース!

先ほどのランチの後に訪れたのがフルーツジュースのお店です。この店舗はスリランカでは有名なチェーン店らしく、農園も持っていてその農園で採れたフルーツでフルーツジュースやアイスクリームを作っているそうです。南国スリランカではフルーツもたくさん採れるそうです。とても新鮮な味で美味しかったです。

img_0570

img_0571

 

 

高級スリランカ料理スタイルをホテルで堪能!

こちらは、キャンディのホテル clove villa(クローヴヴィラ)での夕食です。先ほどまで紹介していた食事とは異なりとても高級にアレンジされたスリランカ料理でした。こちらではポークカレーを選択。麺のように見えるのが米粉を生地にしたストリングホッパーと呼ばれるもの。ここに、具材を混ぜて食べます。ホテルでの食事でしたので、この時はスプーンとフォークを使用しました。

dsc00312

 

 

具材を混ぜた様子。

dsc00313

 

 

 まとめ:スリランカ料理は日本人にあう!

スリランカ旅行前に気にしていた料理の味は、とても美味しいものでした。また、衛生面でも手で食べることや外での食事を気にしていましたが、お腹を壊すようなことはありませんでした。

初めはぎこちなかったものの少しづつ右手で食べる方法にも慣れ、むしろ、その方が美味しいのでは?と思うほどスリランカ料理と食べ方がマッチしているようにも感じました。ただ注意点としては、日本人には辛すぎるものもありましたので、少しづつ試しながら食べることをお勧めします。

 

 

 

 

いかがでしたか?

この記事では、スリランカ旅行で食べたグルメを紹介しました。この旅は観光がメインでしたが、食事でも美味しいものを食べることができるのはスリランカの魅力ですね。また、一般的なレストランでは、1人300スリランカルピー程度(210円)で安く美味しいものが食べられるのも魅力ですね!機会があれば、ぜひ、いってみてください。

※1スリランカルピー=0.71円(2016年10月17日現在)

スリランカ旅行記カテゴリーリンクはこちら→(http://goodideatrip.net/category/trip/overseas-trip/srilanka2016/)

[ad#side-1] 

コメント

タイトルとURLをコピーしました