【スリランカ旅行一人旅 】象に触れる!ピンナワラの象の孤児院:旅行2日目

%e6%9c%9d%e9%a3%9f

スポンサーリンク
 

スリランカ旅行2日目は、昨日泊まったブルーウォーターブティックホテルでの素敵な朝食から始まりました。

メニューは、フルーツジュース、オムレツ、ベーコン、食パンにコーヒーと定番ではありますが、旅の疲れを感じていた私にはとても美味しく、景色も相まって癒される体験となりました。

部屋か屋上での朝食を選択できたので、私は屋上をチョイス。屋上からの景観は、街並みと海辺の美しい景色のコントラストがスリランカに来たことを印象付けてくれる景色でした。

dsc00026
この屋上近くには多くのカラスがいましたが、ホテルのスタッフが常に監視、追い払ってくれるため嫌な気分は感じませんでした。
ゆっくりとした朝食を終え、昨日予約しておいたタクシーチャーターが来るまで、休んでいましたが、ここでハプニング。30分経ってもタクシーがホテルに迎えに来ず、電話する羽目に。たまたま、昨日の夜に名刺を貰っていてことなきを得たものの、それがなかったら不安になっていたところでしょう。皆さんも気をつけてください。
 
 
 

街中の移動は時間がかかります!

まずは最初の目的地ピンナワラの象の孤児院へ移動です。

dsc00048
ちなみに、スリランカの交通事情は予想以上で約100キロ程度の移動(コロンボからキャンディは、120km程度)
でしたが、2時間はかかりました。
 
 
dsc00057
街中の移動は道の混雑のため、山道はスピードの出ないトゥクトゥクや、トラックなどが登りでスピードが全く出ないため、どうしても時間がかかってしまいます。
移動時間はご注意下さい。
 
 

初めての地元のレストランは安くて日本人の口に合う!

img_0437

移動の途中で、地元のレストランに寄ることになりました。メニューは、日本で言うところのカレーのようなものでレストランに入って、お皿にお米にスパイシーな具材やタレをかけたものを自分の必要な分盛り付けます。地元の方はそれを右手で食べます。私が行ったところは、頼めばスプーンも出てきましたが、初のスリランカ地元レストランなので、手で食べる方式でトライしました
 
なお、1つ注意点ですが、一緒にレストランに入ったドライバーに言われて気づいたの ですが、食事するところにはだいたい小さな手洗い場があり、食事の前に皆さん手を洗っていました。おしぼりなどは出ないので食事前と、食事後は手を洗うように気をつけたいものです。気になる方は、除菌シートも役に立つかもしれません。
なお、お会計は食後にテーブルで会計しました。運転手と2人で食べてミルクティーも頼んで500ルピー程度です。スパイシーですが美味しく日本人の口に合いやすく安くて美味しい満足のいくものでした。
 
その後移動し、象の孤児院へ。と思いきや、その途中のエレファントライドができる場所に着きました。ガイドブックの写真と違うと思い、ドライバーに確認したところ、「象の孤児院は象に乗ることができないよ、エレファントライドをしたいならここだ」との事。私が行きたいのは、ここではないことをガイドブックの画像を使って説明して、再度移動。行き先を口頭で伝えていたことが原因の様です。しつこいようでもきちんと確認することの重要性を感じました。
 
 

ピンナワラの象の孤児院では、象が間近に!!

dsc00058-1
dsc00062
とうとうキャンディ近くの観光スポット、ピンナワラの象の孤児院へ到着。入場料は2000スリランカルピーです。観光客用価格のようで、結構高いですが運営費用になっているのでしょうがないですね。
こちらは、ジャングルで親を亡くしたり群れからはぐれた子象を保護している施設だそうです。
入って右側に入り口があり、そこで入場券を購入します。中に進んで奥まで行くと、初めに子供の象が遠くにいて10頭ほど見る事ができました。「こんなもんなのか」と少し落胆していると、どこからともなく象が少しずつ集まってきました。
dsc00090
 
 
おそらく移動の時間だったのでしょう。大きな大人の象も沢山来て、記念撮影をする観光客で賑わうようになりました。
dsc00081-1
中央のスペースでは、象のえさやり体験場所もあり、その場でフルーツをあげて一緒に写真を撮ってくれます。
dsc00075
象をこんなに間近で見る経験も貴重ですね!
 
dsc00085
オープンスペースの他に檻のように囲まれているところもあり、象の食事風景を見る事もできます。
 dsc00087
ひたすら餌を食べている象も身近で観察できます。
なお、ガイドブックによく乗っている写真の水浴びは時間が決まっています(10:00-12:00と14:00-16:00)、今回は見ることができませんでした。そちらを見たい方は訪問時間に注意してくださいね。
 スポンサーリンク
 
 
 
 
 
 
 
いかがでしたか?
この記事では、ピンナワラの像の孤児院を中心に紹介しました。象の孤児院では多くの象を間近で見ることができ、スリランカに来たことを実感できる場所だと思います。こちらでは、象の上に乗るエレファントライドはできません。象の孤児院の近くか、シギリアロックの周りで乗ることができますのでそちらを利用してくださいね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA