【事前準備】子連れで行きたい!お台場「チームラボボーダレス」実際に行ってわかった注意点

チームラボ注意点記事メイン画像

東京お台場に10,000㎡という巨大な空間のアートミュージアム「チームラボ ボーダレス」がオープンして早速行ってきました。
(公式ウェブサイト: http://borderless.teamlab.art/jp)

“大人も子供も笑顔で夢中になれる”他では体験できない新しいミュージアムでした。その一方で、最先端のアートミュージアムのため行かないとわからないような事前に知っておきたい気をつけたい事がありました。

ここでは、”実際に行ってわかった”アートミュージアム「チームラボ ボーダレス」の注意点を紹介します。

注意点に気をつけると十二分に楽しむ事ができますよ。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク
 

注意点1:チケットが人気で当日券は難しいのでネットで予約しよう

チームラボ ボーダレス注意点記事"流れる滝"画像

「チームラボ ボーダレス」は、”森ビル株式会社”と”チームラボ”で共同で運営されています。この”チームラボ “は、世界的に有名なアート集団で、様々な展示や作品などを創っていて世界中にファンがいます。

彼らの特徴は、“体験型で子供から大人まで楽しむ事ができる”展示が多いという点です。過去に世界各地で行った展覧会などは常に世界中で話題となっていますので、日本人だけでなく海外からの観光客が訪れています。

チケットは、ネットでの予約と当日券がありますが、連日ネットチケット完売で当日券がない状態が続いています。

そのため、早めのネット予約がおすすめです。

料金は、高校生以上が3,200円。子ども(4歳~中学生)は1,000円です。

販売場所
展覧会公式チケット販売サイト https://ticket.teamlab.art/
ローソンチケット http://l-tike.com/borderless-teamlab
セブンチケット http://7ticket.jp/g/001562

 

 

注意点2:子連れは注意!中はうす暗く、高低差があり、迷う。

チームラボ ボーダレス注意点記事"運動の森様子2"

プロジェクターを使った展示が主なためか、場内は常に暗くなっています。また、坂や段差などがあり楽しむ工夫がいっぱいです。また、決まったルートが無いため、さまよいながら楽しむ仕掛けになっています。

そのため、子供連れだと「どこに行ったかわからなくなったり」「段差でつまづいたり」する危険性もあります。目印となる部分も少ないので、事前にお子さんと話し合っておいたり、手をつないで動くことをおすすめします。

 

 

注意点3:動きやすい”くつ”で行こう!

チームラボ ボーダレス注意点記事"チームラボグラグラ系2"

チームラボ ボーダレス注意点記事"レンタルシューズ"

「チームラボ ボーダレス」の会場内は暗く、段差がたくさんあります。また、アスレチックエリアにはクライミングなどの体験型展示もあります。そのため、ヒールやサンダルだと体験ができない事も多くなります。場内には、レンタルシューズコーナーもあるのですが、できれば、自分のはき慣れた靴の方がより良いと思います。

特に、お子さんは足に合う靴があるかわからないので、いつも使う動きやすい”くつ”で行くのがおすすめです。普段の”くつ”で存分に身体を動かして楽しみましょう!

 

 

注意点4:荷物はロッカー、ベビーカー置き場を利用

チームラボ ボーダレス注意点記事"コインロッカー&傘立て場所"画像

遠くから、旅行で行く方や、子供連れの方は荷物やベビーカーを持っていく必要があると思います。「チームラボ ボーダレス」の入り口すぐ横には、ロッカー、傘立て、ベビーカー置き場があります。

ロッカーは無料(利用時に100円必要だが、使用後に返却される)で利用できます。場内の体験型の展示のためにも、荷物は減らして入場しましょう。

 

 

注意点5:トイレ、休憩スペース、出口の場所が難しい

チームラボ お茶屋メニュー画像インスタ記事

場内の暗さもあって、初めて行く際にトイレなどを見つけるのに苦労します。また、出口も少しわかりづらいところ(2階の運動の森の奥)にあるため、色々と余裕を持って行動するのがおすすめです。

場内で少し飲み物を飲んで休憩するスペースは場内2階にある”幻花亭”というカフェスペースと、トイレの前にある自動販売機になります。

“幻花亭”というカフェスペースは、それ自体もアート展示なので、混んでいます。

すぐに休憩した人は、トイレ前の空間にあるソファを利用して休憩しましょう。なお、トイレ前の空間は電気がついて明るいので、カバン中のものや、地図など確認する際にも利用できる空間です。

 

 

注意点6:カメラを持っていこう!

チームラボ ボーダレス注意点記事"team labo ボーダレス子供画像"画像

チームラボ ボーダレス注意点記事"の綺麗な色"画像

「チームラボ ボーダレス」では、ミュージアムにも関わらず”写真撮影ができます”。最先端技術を利用しているので、見たことも無い写真を取る事ができます。携帯などを持参して”新しい体験”と”体験の思い出”を残しましょう!

 

 

アクセスなどの基本情報

住所:東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
営業時間:
月~木:11:00 -19:00 (21:00)
金・祝前日:11:00 -21:00 (22:00)
土:10:00 -21:00 (22:00)
日・祝日 10:00 -19:00 (20:00)
*()内は2018年6月21日~2018年8月31日までの特別延長時間
営業時間はシーズンによって異なります。詳しくは公式ウェブサイト( http://borderless.teamlab.art/jp)を確認してください。
料金  :一般/高・大学生3,200円、子ども(4歳~中学生)1,000円
販売場所
展覧会公式チケット販売サイト https://ticket.teamlab.art/ 
ローソンチケット http://l-tike.com/borderless-teamlab
セブンチケット http://7ticket.jp/g/001562

公式ウェブサイト: http://borderless.teamlab.art/jp

 

 

まとめ

・チケット購入は、事前のネット購入がおすすめです。人気があるのでお早めに!

・子連れは、場内が暗くて段差があるので注意しましょう!

・荷物は、ロッカーとベビーカー置き場が利用できます。

・トイレ、休憩スペース、出口がわかりづらいので余裕を持って行動しましょう。

・事前の持ち物は”動きやすいくつ”と”カメラ”を準備しよう!

“チームラボ  ボーダレス”は“大人も子供も笑顔で夢中になれる”他では体験できない新しいミュージアムです。注意点に気をつけると十二分に楽しむ事ができますよ。

スポンサーリンク
 

 

いかがでしたか?大人から子供まで楽しめる身体を使った展示が、屋内で体験できるので、暑さや寒さなどで子供の体調を気にせずに楽しめるので、子供連れにおすすめです。一度行ってみてください。

次の記事はこちらをクリック>>>Amazon預金で”定期貯金の10倍以上”のポイント利息で得した裏技みたいな方法を試した