成毛眞さんおすすめの「英語本」「映画/テレビ」「ゲーム」などまとめ(随時更新)

元マイクロソフト日本法人社長、現在HONZの代表などを務められている成毛眞さんは、Facebookにてたまに本人おすすめのモノなどを紹介されています。(本人Facebookリンク)

しかし、Facebookで調べるのがめっちゃめんどくさい!なんでや、なんであんなに検索しづらいのか!しかも、人によって検索結果変わるから見逃す!

・よし、個人的メモに使いたいのでまとめよう。

というページです。

このまとめは成毛さんに対して尊敬の念を持ってまとめているつもりですが、問題があれば修正、変更、削除させていただきます。ちょっと面倒な作業なので、中にはアフィリンクも貼ってますが、そういうのが嫌な方はリンクをクリックしないで、検索して購入してください。

成毛眞さんおすすめドラマ

成毛眞さん大絶賛おすすめ”海外ドラマも含めてナンバーワン” NETFLIX「舞妓さんちのまかないさん」

成毛眞さんが絶賛したドラマがNETFLIX「舞妓さんちのまかないさん」です。こちらは、漫画原作ものなのですが、それを美しい映像と音楽で表現されているようで、とても素晴らしいとのこと。

しかも、祇園町に数十年通っている成毛さんが絶賛するリアリティを若手俳優陣が演じており、本当に素晴らしい出来だそうです。やはり是枝監督ですね。

NETFLIX「舞妓さんちのまかないさん」第4話まで見た。あまりにもったいないので、夜にゆっくり落ち着いて見るようにしているからだ。素晴らしいドラマ。ウ・ヨンウ弁護士も素晴らしかったけれど、ボクにとってはそれを遥かに超えたドラマ。この数年間で海外ドラマも含めてナンバーワン。

まずは若手俳優陣が素晴らしい。20代の女性俳優たちの演技は目を瞠るばかり。主演の16歳のお仕込みさん(舞妓見習い)二人がなにを見ても笑い合う場面など恐ろしいほどのリアリティ。中年男性俳優たちも目立つことをせずにしっかり脇役を務めている。

映像が美しい。これまでの日本映画やドラマにおけるバカの一つ覚えのような高い色温度、すなわちなんでも青フィルターかければそれっぽいだろ、元映像のアラも見えにくくなるしさ、などということはしない。温かい日の光。被写界深度も絶妙に調整されている。料理映像も見どころの一つ。ともかく美しい。音楽も音響も完璧。

演出がしっかりしている。屋形(置屋)の中には女性たちばかり10人ほども暮らしているので、当然主演のセリフ中にも、他のだれかがおしゃべりをし戯れている。その内容がしっかりしているのだ。まだ4話なのだが、もう一度ディテール見るつもりだ。

リアリティがすごい。祇園町に通って数十年のボクからみても、作り話感・模倣感・なんちゃって感はまったくない。舞の稽古の厳しさ、お母さんと舞妓・芸姑という家族の微笑ましさ、屋形バーのマスターや客のそれらしさ、天然の大きいお母さんと責任感のある小さいお母さん、すべていつかどこかで見たいまの光景だ。これはとてつもなく祇園町を知っている人しか作れないドラマ。普通に取材していたのでは絶対無理だ。

さすがは是枝監督であるとしか言いようがない。ドラマはほぼノンフィクション・ドキュメンタリーとして見ても大丈夫。それほどのリアリティのあるドラマなのだ。絶対のおすすめ。

願わくば全世界で見てもらいたい。花街こそ日本が誇るべき伝統文化。税金を投入することもなく連綿と受け継がれる伝統文化など世界的にも数少ないのだ。しかもお祭りなどとちがって花街には休みはない。

成毛眞 2023年1月16日  facebook投稿より

原作は祇園の淡々と流れる日常のドラマを表現している素晴らしい作品となっています。激しいマンガではなく、読むことで気持ちを落ち着けてくれたり、自分の精神を整えてくれるようなマンガですのでこちらもおすすめです。(以下のリンクは原作の漫画リンクです)

話題に出ていた「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」もNETFLIXですね。

日本語字幕「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」韓国ドラマ パク・ウンビン/カン・テオ 10枚 DVD ボックス TV+OST 全16話を収録した

成毛眞さんおすすめゲーム

成毛眞さんおすすめのFF16

全く期待してなかったのに、実は面白かったとつぶやかれていたFF16。FF15はクソゲーだったそうですが、「□ボタン連打でもめちゃ面白い」そうで、「めちゃくちゃ面白いファンタジー映画を見ているようなもの」とのことです。往年のおぢさんおばさんゲーマーは全員買え!

まったく期待していなかったFF16。じつは神ゲーだった。ゼルダのティアキンより面白いと思う。ボクにとってはクソゲーだったFF15で懲りていたので、今回は周りの反応を見てから恐る恐る買ったのだが正解だった。

PVでは召喚獣同士のド派手な戦いとかが紹介されていたが、どうせCGパートだけで、しかも全編でせいぜい2回くらいじゃね、と思っていたら、全編にわたって自分で操作してのド派手戦闘だ。唖然とするばかり。いまでも目の前がチカチカするわw

アクションRPGなのでオレには無理だと思っていたのだが、初期装備のアクセつけたら□ボタンを連打するだけで戦闘ができる。とはいえ何十時間も□ボタン連打ゲームって馬鹿なんじゃないの?と思っていたら、これまた裏切られる。□ボタン連打でもめちゃ面白いのだ。なんなんだこれ。初めての体験だ。

ようするにだ。全編30時間か50時間か70時間か知らんが、めちゃくちゃ面白いファンタジー映画を見ているようなもので、しかも自分が主役を操作できる、ゲームというより新しい映像コンテンツのようにも感じられる。

ともかく、このゲームを遊ぶときには、映画とおなじように絶対にネタバレサイトを見ないことだ。ボクはいまレベル25なので、全編の30%くらい進んだかなと思うのだが、これまでのストーリーを考えると、これから一体どうなっちまうんだというワクワク感と不安感で胸一杯だ。圧倒的に長尺なので映画よりはるかにネタバレはヤバい。

なぜこんな面白いのかという理由をあと5個ほど書きたいのだが、それですらネタバレになりそうだし、そもそも自分がまだ途中なので書けない。

要するにだ。往年のおぢさんおばさんゲーマーは全員買え!ということだ。話はそれからだ。一ヶ月後にゆっくり話し合おう!w

成毛眞 2023年6月27日  facebook投稿より

成毛眞さんおすすめの本

成毛眞さんおすすめの”歌舞伎入門書”「ビジネスマンへの歌舞伎案内

成毛眞さんがおすすめされていた歌舞伎入門書、「ビジネスマンへの歌舞伎案内」です。

「半沢直樹」は歌舞伎である。歌舞伎の入門書を書いているボクがいうのだから間違いはない。100%制作者は意識しているはずだ。

濃いキャスティングと大仰な表情は歌舞伎化粧のまま。主人公の白目の周りが赤い「むきみ」の隈取、実悪の副頭取の大きめのスーツ、キメ台詞と見得(クローズアップ)、そもそも4人もの歌舞伎役者の出演。

勧善懲悪。島流し。実悪と色悪。頭取という名の鎌倉殿。歌舞伎ファンは時代設定や舞台設定などのリアリティは気にしない。役者を見に行く。それが歌舞伎だ。

そもそも歌舞伎は鎌倉時代の物語を江戸時代の衣装で演ずるような妙な演劇だ。さらに江戸時代の実話をテーマとした仮名手本忠臣蔵は鎌倉時代に設定され、討ち入り以外はすべて創作だ。

というわけで「半沢直樹」を見るなら、この本マジにおすすめです。われながら名著だと思う!自著の中で、自分的には圧倒的にナンバーワンなんだけどなあ。ほんとに。

成毛眞 2020年7月23日  facebook投稿より
created by Rinker
¥583 (2024/02/22 01:33:28時点 楽天市場調べ-詳細)

成毛眞さんおすすめのビジネスマン必見!英語本

私が1番知りたかったの成毛眞さんの英語本です。役職者と会話することの増えた日本のビジネスマン、管理職にとって必要な本だと思います。「英語には敬語がない」なんていう言葉を鵜呑みにするようなナイーヴな感性じゃやっていけないですよ。特に、上の方と接する機会が増えたビジネスマンは必見ですね。

即ポチった!ビジネスで英語を必要とする人々はこの知識こそ必要だ。

ところで、英語には「いらっしゃる」などの敬語がないと思っている日本人が多い。たしかに敬語はないかもしれないが、きっちりとした敬話法がある。なぜか日本の英語教育では教えられない。それを学びたい方におすすめ本がある。

『英語のお手本』マヤ・パーダマン著 朝日新聞出版

ーそのままマネしたい「敬語」集ー

たとえば「〜してくださるとありがたいです」は「It would be great if you could〜」。外資系に勤めていたころ、このたぐいを使えない日本人が多くてホントに閉口した。実際、アメリカの多国籍企業のCIOに全社体制でWindowsNTサーバーなどを売り込む際、そのCIOが日本でのサポート体制を日本の責任者から直接聞きたい、などというシチュエーションだ。当方のNYC支店長ーもちろんアメリカ人は「Do you mind if I ask you what kind of pizza you would prefer」(正確なところは忘れたw)などとやっているのだ。ボクも「Yes, I can」などと言ってられないのだ。

もうひとつのおススメ本は

『英語便利事典』小学館外国語辞典編集部

文化やスポーツ、地名や映画タイトルなど、ネイティブが全員知っていて、日本人が知らないことを網羅している辞典だ。雑談すらできない日本人ビジネスマンというのは有名なのだが、意外にも英語力より常識がないからだということは知られていない。習近平は日本人以外の全人類にとってシージンピンだ。

そろそろ英語の勉強法について本を書いてみるかねえ。

成毛眞 2015年10月7日  facebook投稿より
この記事の著者
元靴のプロ
クツプロ

私の記事の信頼性の背景
筆者は、プロスポーツシューズデザイナーとして、元スポーツメーカーで7年間以上勤務し、その間に実際にプロスポーツ選手シューズや日本代表選手のオリンピックモデルも担当しました。また、デザインだけでなく設計にも携わり、シューズ特許も複数登録になるなど、デザインから設計までの幅広い知識を得ているため、ユーザーのための情報を紹介できます。

クツプロをフォローする
おすすめグッズ成毛眞おすすめ
クツプロ
Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました