【靴プロおすすめ】足に良い子供用上履き人気ランキング5選!【幼稚園/保育園/小学生/上靴】

上履きランキング5選アイキャッチ用
子供の足に良い上履きを「本気で」選びたい人のための記事です。
・幼稚園、保育園、小学生むけのおすすめの上履きを紹介しています。

子供が保育園、幼稚園、小学校で毎日履く”上履き”。ネット上で色々とランキング記事はありますが
・プロ目線で見ると「子供の足に良くない靴をおすすめしているなぁ」
という情報ばかり。

そこで、本記事では、元靴メーカー勤務でオリンピックモデルも複数デザインした筆者が“本当の”足に良い上履きおすすめ人気ランキング5選を幼稚園、保育園、小学生向けに紹介します。

・子供の足に良い上履きを選びたい

と言う方は参考にして下さいね。上履きで本当におすすめできるのはわずかな種類だけです。

つーパパ
つーパパ

実はあのブランドがおすすめだったり!逆に人気のあのブランドは、プロから見るとおすすめできないことも多いです

上履き選びのポイント

上履き選びのポイントは
・ずっと室内で履くので通気性に優れている
・長時間履くので、足の指が動きやすい靴の形状
・曲がるべきところで曲がり、曲がってはいけないところは曲がらないソール構造
・つま先やカカトなどの必要な部分に耐久性がある
・できれば、洗うときにすぐ乾くこと
(幼稚園、保育園は特に)フィット感を調整できるアッパーの構造ならなお良い
です。この項目を覚えるのは大変ですが、今回のランキング1~3位の上履きは条件を満たしているので安心して下さい。

プロのおすすめ!足に良い人気上履き5選ランキング表

全て使用可能な画像を使用

元靴プロが選ぶ”本当に”足に良い上履きおすすめ人気ランキング7選を紹介します。子供の足に良いか?を含め、以下の5点から独自の評価軸で1~5の点数を付けています。

・1位~3位が購入おすすめ
・4位、5位はあえて選ぶ必要がある場合のみおすすめ

おそらく、他の記事や雑誌の人気ランキングとは違った内容でびっくりする方も多いと思いますが、靴メーカーを辞めたからこそ話せる本音の内容になっています。

5つの評価軸
1.おすすめ度  全ての基準を考慮した総合評価。
2.足に良い度  子供の足の成長に良い靴の設計か
3.履かせやすい 親が子供に靴を履かせやすい設計か
4.人気度    人気のあるシューズかどうか
5.コスパ    機能と価格のバランスが良いか(安くても機能がなければコスパは低い)

1位:イフミー「息するソール バレエシューズタイプ」

1位:イフミー「息するソール バレエシューズタイプ」
おすすめ度   :☆☆☆☆☆
足に良い度   :☆☆☆☆
履きやすい   :☆☆☆☆☆
人気度         :☆☆☆☆
コスパ          :☆☆☆☆☆
つーパパ
つーパパ

迷ったらこれ買っておけば間違いない大本命!子供の足に良くて価格も良心的!

こちらは、幼稚園、保育園、小学生どの年齢にもおすすめの上履きです。

イフミー上履き1

イフミー「息するソール バレエシューズタイプ」は、イフミーの上履きの定番商品です。展開カラーは以下の5種類で、サイズ展開も豊富です。
展開カラー:ホワイト、ブルー、ピンク、イエロー、グリーン。
展開サイズ:15cm~24cm(0.5cm刻み)

全面的にメッシュ素材ですが、足を包み込むカカトと、壊れやすいつま先には、人工皮革で補強しており、通気性や長時間履いていても疲れない柔らかさを兼ね備えながらも、耐久性と足へのサポートもあります。靴に必要な機能を忠実に表現した設計ですね。

なんと言っても、上履きなのにベルト式な点がポイントが高いです。やはり、足に合わない上履きを履く子が多いので、ベルトでしっかりと調整してあげられることが重要です。

イフミーの上履きは、取り替え式のインソールが追加で1組ついてきます。上履きは毎日はいて汚れるものですし、子供の足の汗をよく吸います。その際に、取り替え式インソールがあると清潔に保てます。

ソールは、全面ラバーでグリップに優れています。また、実は、このソール穴が空いています。普通の上履きって、ソールに穴なんて空いてないから、乾かなくて洗うのも大変なのですが、この靴はすぐに乾くので上履きに最適です。しかも、替えのインソールまで付いてくるので、忙しい日は、最悪インソールだけ洗えばなんとかなります。

ここまで、色々と考えられたイフミーの「息するソール バレエシューズタイプ」。こちらは、イフミーの中でも、ベルトがあってフィット感を調整できるので、幼稚園、保育園向けにおすすめです。(楽天リンク)
これだけの機能や工夫があって、3,200円前後の値段はコスパ最高です。ちなみに、購入する際はネットだと2,600円前後で売っているのでお得ですよ。

2位:イフミー「息するソール スリッポンタイプ」

2位:イフミー「息するソール スリッポンタイプ」
おすすめ度   :☆☆☆☆☆
足に良い度   :☆☆☆☆
履きやすい   :☆☆☆☆
人気度         :☆☆☆☆
コスパ          :☆☆☆☆☆
つーパパ
つーパパ

ベルトなしのこのタイプもおすすめ!年中さん以降からは、こっちもアリ!子供の足に良くて、価格も良心的!

こちらは、年中さん以降から小学生におすすめの上履きです。

イフミー “息するソール上履きスリッポンタイプ”もイフミーの上履きの定番商品です。バレエタイプ同様に展開カラーは以下の5種類で、サイズ展開も豊富です。
展開カラー:ホワイト、ブルー、ピンク、イエロー、グリーン。
展開サイズ:15cm~24cm(0.5cm刻み)

上から見ると、幅広のつま先形状です。幅が広いつま先は子供の足指が動かしやすいので上履きにぴったりですね。

バレエタイプと同様に、カカトから見ると、上の方にあるテープが外側に付けられていることがわかりますね。これは、子供本人が靴を履く時に、テープを使いやすいように外側に広めに付けられています。また、カカトの下部分には、直接、ネームペンで記入することを想定して名前を入れる部分もあります。イフミーはこのような細かいこだわりを、しっかりと作ってきますね。

バレエタイプと同様に、インソールも取り替え式で1セット追加で付属してますし、ソールには通気性と洗濯時に乾きやすいように穴が空いています。

イフミー「息するソール スリッポンタイプ」が2位の理由は「ベルト式ではないので、自分でフィッティングを調整できないこと」です。

子供によってはきちんとベルトで調整できなかったり、したがらない子がいます。そのような傾向の子供にはこちらの「息するソール スリッポンタイプ」がおすすめです。

バレエシューズタイプ同様、色々と考えられたイフミーのフミー「息するソール スリッポンタイプ」。ここまで考えられていて、足に良いのに3,200円前後の定価はコスパ最高です。ネットだと2,700円前後で売っています。

イフミー「息するソール スリッポンタイプ」レビューはこちら

3位:アシックス スクスクシリーズ「上履き CP MINI 2」

3位:アシックス スクスクシリーズ「上履き CP MINI 2」
おすすめ度   :☆☆☆☆
足に良い度   :☆☆☆☆☆
履きやすい   :☆☆☆☆
人気度         :☆☆☆
コスパ          :☆☆☆
つーパパ
つーパパ

キッズシューズの王道のスクスクシリーズ!足に良いのは間違いないが、上履きとしてのコスパが低く、第3位!

こちらは、幼稚園、保育園、小学生どの年齢にもおすすめの上履きです。決定は、少し値段が高いこと。ただ、余裕があるなら選びたいシューズです。

アシックス スクスクシリーズ「上履き CP MINI 2」は、アシックスの上履きの定番商品です。展開カラーは1種類で、サイズ展開も多めです。イフミーよりは色数、サイズともに多くはありませんが、0.5cm刻み展開なのは良いですね。
展開カラー:ホワイト
展開サイズ:16cm~22cm(0.5cm刻み)

アッパーは横には耐久力が高いメッシュ系素材を使っています。耐久性の必要なカカトと、つま先には、人工皮革で補強してあります。甲からベロの部分は、通気性の高いラッセルメッシュを使用しており、通気性と長時間履いていても疲れない柔らかさを兼ね備えながらも、耐久性と足へのサポートがあります。靴に必要な機能を忠実に表現した設計ですね。

真ん中に大きなベルト式なので、自分でフィット感が変えられます。サイズ選ぶが難しと思うので、ベルトでしっかりと調整してあげられることが重要です。また、上から見ると足に合うキレイなつま先の形をしているので、足に良いLASTを使っているのがわかりますね。

カカトには、テープが付いていて履きやすくなっています。また、かかとの人工皮革はかかと全体を覆ってくれる設計となっていて、ホールド感のあるフィッティングが期待できます。

ソールは、全面ラバーでグリップに優れていて、外履きも可能な耐久性のある設計です。上履きに特化した設計ではないですが、運動時にも十分な性能を発揮してくれるソールデザインになっていて、むしろ上履き以上のソールです。

このようにアシックス スクスクシリーズ「上履き CP MINI 2」は、靴に必要な設計をしっかりと盛り込んでいるため”最も足に良い上履き”といえそうですし、ソールは上履きとしてはオーバスペックと言えるくらいしっかりしています。一方でイフミーの様に追加のインソールがあるなどの上履きに特化した設計は少なめですし、価格も4,000円超えなので、少しコスパ面では弱く第3位になりました。とはいえ、足に良いという面では、このモデルが1番かもしれません。(楽天リンク)

ちなみに、購入する際はネットだと3,500円前後で売っているのでお得になります。

4位:ムーンスター「バイオアルファS 

4位:ムーンスター「バイオアルファS 」
おすすめ度   :☆☆
足に良い度   :☆☆
履きやすい   :☆☆☆
人気度         :☆☆☆☆
コスパ          :☆☆☆
つーパパ
つーパパ

ここから下の順位は、定番のいわゆる”上履き”っぽい見た目の靴です。正直、足に良くないです!ただ、こういう見た目の上履きしか許可しないところもあるので、その中ならこれを選んだ方が良いですね!

ここからはいわゆる”上履きっぽい見た目”の靴を紹介していきます

実は、プロ目線から見ると世の中の上履きのほとんどは「足に良くない設計の靴」が多いです。しかし、保育園、幼稚園、小学校によっては”上履きっぽい”ものしかOKしないところもあります。その場合なら、コレを選んだ方が良いという商品を紹介します。

ムーンスター「バイオアルファS」は、定番のいわゆる”上履き”っぽい見た目の靴です。展開カラーは9種類で、サイズ展開は多めですが、子供が履くサイズの14cm-21cmまで1cm刻みなのが残念です。

展開カラー:ホワイト
展開サイズ:14cm~27cm(一部1cm刻み、一部0.5cm刻み)

また、ムーンスター「バイオアルファS」という商品は、楽天やAmazonなどの通販で売っている専門のモデルのようで公式通販では検索しても出てきません。ただ、楽天上履き部門1位になったこともあるので、ECでは定番品の様なので、紹介しますね。(楽天リンク)

靴の作りは、定番のソール(靴の底)とつま先がPVCで覆われており、アッパー(靴の上部)一体で成型されているので耐久性があります。また、日本製でしっかりとした作りです。

足の甲部分はゴムバンドです。これは、フィッティングが良くなるというよりも、少し脱げづらくなる程度の機能性です。

ソール(靴の底面)はフラットな形状で、インソールなども特に大きな機能があるわけではありません。

一方で、このムーンスター「バイオアルファS」のメリットはムーンスターという靴を理解した会社が作っているという点です。そのため、この様な一般的な上履きっぽいデザインの中では足に良いといえます。その他のよくわからないメーカーの靴の上履きは靴の作りとしては論外な商品がほとんどです。

保育園、幼稚園、小学校によってはこの様な”上履きっぽい”ものしかOKしないところもある(我が家の場合、保育園の災害用の準備靴が、このタイプの上履きしかOKではなかった)ので、その場合は、このモデルか5位のアサヒシューズの「アサヒハイスクールフロアー VK」を選びましょう。

余談ですが、ムーンスターもおそらく上記の上履きが足によくない事はわかっているので、以下の靴の様に、少し足に良い上履きも作っています。ただ、コレを選ぶなら1位や2位のイフミーの上履きと値段が同じなので、そちらがおすすめです。

5位:アサヒシューズ「アサヒハイスクールフロアー VK」

4位:アサヒシューズ「アサヒハイスクールフロアー VK」
おすすめ度   :☆☆
足に良い度   :☆☆
履きやすい   :☆☆☆
人気度         :☆☆☆
コスパ          :☆☆☆
つーパパ
つーパパ

こちらも、定番のいわゆる”上履き”っぽい見た目の靴です。正直、足に良くないです!

第5位のアサヒシューズ「アサヒハイスクールフロアー VK」もいわゆる”上履きっぽい見た目”の靴です。こちらのシューズと第4位のムーンスター「バイオアルファS 」は”足への良さ”としては。設計上はほぼ違いがありません。

アサヒシューズ「アサヒハイスクールフロアー VK」の展開カラーは7種類で、サイズ展開は多めですが、子供が履くサイズの14cm-21cmまで1cm刻みなのが残念です。(楽天リンク)

展開カラー:ホワイト
展開サイズ:14cm~29cm(一部1cm刻み、一部0.5cm刻み)

こちらも保育園、幼稚園、小学校によって”上履きっぽいデザイン”のものしかOKしない場合のみ、第4位のムーンスター「バイオアルファS 」か、第5位のアサヒシューズ「アサヒハイスクールフロアー VK」を選んでください。

4位以下は、理由がない限りはおすすめしない!なぜなら、世の中の上履きのほとんどは子供の足に良くない設計だから!

一般的に1,500円前後で買えるような上履きは、確実に子供の足に良くない設計になっています。そもそもの昔ながらの上履きの作りは、よほどの理由(どうしても、その上履きしか履いてはいけないというアホみたいなルールがある保育園、幼稚園、小学校以外は)がない限りは、おすすめしません。

まず、良くないのはアッパーに調整機能が付いていないところ。ゴムベルトが付いているだけなので、子供が自分でフィット感を調整できません。

また、つま先はラバーになっているので、つま先が硬いです。そのため、靴と指の形が合わない子供は指が圧迫されていることもあります。

園で指定されている場合は選べないのでしょうがないですが、そうでない場合は、少し高くても足に良い上履きを選ぶ方が子供の足には良いですよ。

保育園や幼稚園では特に足に良い子供靴が必要

上履きを履く時期の年齢の時期は、足の成長にとってとても大事な時期です。足や身体の成長は脳への成長にも関係しているので足にあう靴を履きましょう。

2歳以降は平均で半年に一度0.5cm(1サイズ)ほど足長が伸びる時期。購入頻度も同様に半年に1回がおすすめ

平均的な足の成長の目安は、2歳児以降では6ヶ月程度で0.5cm(1サイズ)足長が伸びます。ですので、半年に1回のサイクルで靴を買い替えるのがおすすめです。

ただし、子供が小さい時期は、それぞれで成長は全く違います。同じ歳の子供でも、成長が早い子もいれば遅い子もいますので適切なサイズを選びましょう。

靴プロが本当におすすめする「足に良い上履きおすすめ人気ランキング5選」を幼稚園、保育園、小学校用まとめ

本記事では、靴プロが本当におすすめする「足に良い上履きおすすめ人気ランキング5選」を幼稚園、保育園、小学校用に紹介しました。

本音の内容のため、他に見てきたランキングとは違った内容でびっくりした方もいると思います。m、もちろん、プロそれぞれ考え方や思想が異なりますが、ある程度きちんと靴作りに携わったことがあるプロであれば似たような意見になるかと思います。ぜひ参考にしてください。

*この記事で使用した画像は、筆者オリジナル画像と「楽天アフィリエイトのリンク作成ページ内での使用可能な画像」を利用しています。

この記事の著者
元靴のプロ
クツプロ

私の記事の信頼性の背景
筆者は、プロスポーツシューズデザイナーとして、元スポーツメーカーで7年間以上勤務し、その間に実際にプロスポーツ選手シューズや日本代表選手のオリンピックモデルも担当しました。また、デザインだけでなく設計にも携わり、シューズ特許も複数登録になるなど、デザインから設計までの幅広い知識を得ているため、ユーザーのための情報を紹介できます。

クツプロをフォローする
上履き子供靴子供靴ランキング
クツプロ
Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました