【プロ本音】ファーストシューズおすすめ人気10選ランキング【いつから履く?サイズ選びや足に良い選び方】

この記事は子供の足に良いファーストシューズ/ベビーシューズを「本気で」選びたい人のための記事です。
・足に良いファーストシューズ/ベビーシューズを知りたい方向けの記事になります。
・足に良い靴から、買ってはいけない靴までランキング10選です。

赤ちゃんがはじめて外で履く「ファーストシューズ」。ネット上で色々と記事がありますが
・プロ目線で見ると「子供の足に良くない靴をおすすめしているなぁ」
という情報もちらほら。

そこで、本記事では、元靴メーカー勤務でオリンピックモデルデザインした筆者の

人気のファーストシューズの”本当の”おすすめ10選まとめ
ファーストシューズの子供の足に良い選び方
を紹介します。人気のニューバランス、イフミー、ミキハウス、アシックス、ナイキも紹介していますよ。

つーパパ
つーパパ

実はあのブランドがおすすめだったり!逆に人気のあのブランドは、プロから見るとおすすめできないあります。

元プロが解説:ファーストシューズとは何か

ファーストシューズとは、「赤ちゃんが生まれてはじめて外ではく靴」のことです。

そのため、赤ちゃんの足に成長にあうシューズが好まれますし、出産祝いの贈り物としても人気です。

メーカーやブランドごとに定義が違う場合もありますが、この記事では、ファーストシューズとは「赤ちゃんが生まれてはじめて外ではく靴」として紹介していきますね。

ファーストシューズの選び方で気をつけることは「子供の足に良いこと」

足の形

ファーストシューズ選びで最も気をつけることは、

・子供の足に良いシューズを選ぶ

ことです。実は、子供の足は1歳程度と4歳を比べると全然形が違います。小さい時は、扇型のようにつま先へ広がっている形。それが4歳以降になってくると大人の足に近くなっていきます。

ファーストシューズは大体1歳前後の子供の靴ですので、まだ足の形が固まっていない子供にとって、もし、その子に合わない靴を履くと足の成長に影響がでたり、運動能力に影響があることもあります。足や身体の成長は頭の成長にも関係してきます。

この記事では、足に良いという最も大事な基準を含めておすすめのファーストシューズを紹介していますので、我が子のためにファーストシューズを選ぶ方、知り合いの子供にファーストシューズを贈る方も参考にしてください。

ファーストシューズ時期の子供の足の成長速度

平均的な足の成長の目安は、生まれてから2歳までが3ヶ月で0.5cm、つまり半年で1cmです。

もちろん、子供それぞれで成長は全然違います。同じ歳の子供でも、成長が早い子もいれば遅い子もいますので適切なサイズを選びたいですね。靴の場合、小さい靴は使えないのでプレゼントする際にサイズが分からない場合は、少し大きめで成長した後に履いてもらうのも良いかもしれません。

子供の平均足サイズと、購入すべき靴のサイズ

転載禁止

平均的な子供の足サイズと購入すべき靴サイズの表はこちらになります。基本的に靴は、実際の足の長さよりも0.5cm~1.0cm大きめの靴を選びましょう。

プロのおすすめ!人気ファーストシューズ10選ランキング表

プロの本音で選ぶ人気ファーストシューズのおすすめ10選ランキングを紹介します。

おそらく、他の記事や雑誌の人気ランキングとは違った内容でびっくりする方も多いと思いますが、靴メーカーを辞めたからこそ話せる本音の内容になっています。

子供の足に良いか?を含め、以下の5点から独自の評価軸で1~5の点数を付けています。

5つの評価軸
1.おすすめ度  全ての基準を考慮した総合評価。
2.足に良い度  子供の足の成長に良い靴の設計か
3.履かせやすい 親が子供に靴を履かせやすい設計か
4.人気度    人気のあるシューズかどうか
5.コスパ    機能と価格のバランスが良いか(安くても機能がなければコスパは低い)

1位:アシックス「コンフィFIRST MS」

1位:アシックス「コンフィFIRST MS」
おすすめ度   :☆☆☆☆☆
足に良い度   :☆☆☆☆☆
履かせやすい:☆☆☆☆☆
人気度         :☆☆☆☆
コスパ          :☆☆☆☆☆
つーパパ
つーパパ

迷ったらこれ買っておけば間違いない大本命!子供の足の成長に敏感な親の中では大人気!

アシックス「コンフィFIRST MSシリーズ」は、アシックスのファーストシューズの定番商品で、現在の最新モデルはMS3です。(MS2、MS3のように数字が大きい方が最新モデル)

アシックスコンフィFIRST MS3は2色展開でベージュカラーとライトローズというピンク系のカラーがあります。

全面的にメッシュ素材ですが、また足を包み込むカカトと、壊れやすいつま先には、人工皮革を採用。ミッドカット構造なのもあり、耐久性と足へのサポートがしっかりしています。

ベルトも2本で、ベロの根元まで開くので親も履かせやすいです。

つま先が上がっているので、よちよち歩きの子供が転びにくいようなソール(靴底)設計になっています。

また、「アシックスは、日本メーカーのため日本人の子供の足形状」にあうLAST(靴の元型)を採用しています。靴の機能と靴形状両方が高い完成度をほこるファーストシューズの大本命です。
ちなみに、購入する際はネットだと定価の10%オフくらいで売っているのでお得ですよ。

アシックスコンフィFIRST MS3レビューはこちら

2位:アシックス スクスクシリーズ「アミュレファースト」

2位:アシックス スクスクシリーズ「アミュレファースト」
おすすめ度   :☆☆☆☆☆
足に良い度   :☆☆☆☆☆
履かせやすい:☆☆☆☆☆
人気度         :☆☆☆☆
コスパ          :☆☆☆☆☆
つーパパ
つーパパ

1位と2位は差はなし!こちらも人気です!ファーストシューズの後のモデルも同じデザインがあるので、同じ靴を続けて欠かせたい親はこちらを選ぶ人も多い

こちらのアシックス「アミュレファースト」シリーズは、コンフィと同様にアシックスのファーストシューズの定番商品です。

「アミュレファースト SL」:アッパー(靴の上部分)が人工皮革
「アミュレファースト MS」:アッパー(靴の上部分)がメッシュ

の2種類あります。

アシックス「アミュレファースト SL」

アミュレファーストSLカラー展開

こちらが「アミュレファースト SL」です。3色展開になります。

アミュレファーストSL1

アッパー(靴の上の部分)の白の人工皮革はとても柔らかい素材ですが、しっかりと子供の足をホールドしてくれます。ミッドカットですので、足首が安定しない子供に良い構造です。

アミュレファーストSL3

ベルト2本で、ベロの根元まで開くので親も履かせやすく、子供の足にも良い設計です。

アミュレファーストSL4

コンフィと同じソールでつま先が上がっているので、よちよち歩きの子供が転びにくいようなソール(靴底)設計になっています。

もちろん、LAST(靴の元型)も日本メーカーのため日本人の子供の足形状にあいます。こちらも、コンフィと同様に、靴の機能と靴形状両方が高い完成度をほこるファーストシューズの大本命です。
楽天市場リンク
ちなみに、購入する際はネットだと定価の10%オフくらいで売っているのでお得です。

アシックス「アミュレファースト MS」

こちらが「アミュレファースト MS」で3色展開になります。「アミュレファースト SL」と「アミュレファースト MS」との違いは、メッシュ素材を使っていることとです。SLよりもメッシュ素材な分、スポーティーな印象ですね。

メッシュ素材の良さは、通気性です。ちなみに人工皮革の良さは汚れや耐久性ですが、ファーストシューズとしては、そこの機能性は特に大きな問題にはならないので、好きな色やデザインで選ぶと良いと思います。こちらも子供のために考えられた高い完成度をほこるおすすめのファーストシューズです。楽天市場リンク
ちなみに、購入する際はネットだと定価の10%オフくらいで売っているのでお得です。

プロ激推しのアシックス”スクスク”の人気ファーストシューズランキングおすすめ3選記事はこちら

3位:イフミー「ワンベルトベーシックファーストシューズ 22-9001 」

3位:イフミー「ワンベルトベーシックファーストシューズ 22-9001 」」
おすすめ度   :☆☆☆☆
足に良い度   :☆☆☆☆
履かせやすい:☆☆☆☆☆
人気度         :☆☆☆
コスパ           :☆☆☆☆☆
つーパパ
つーパパ

機能もあるのに、値段が手頃で、コスパが良いってのが嬉しいね!

こちらがイフミー「22-9001 FIRST SHOES」です。3色展開になります。

アッパー(靴の上の部分)はとても柔らかい素材です。どちらかといえば、足をホールドするよりも子供の足の動きを妨げないような素材感ですね。ミッドカットなのも安定しない子供の足首に良い構造です。

ベルトを開けると大きく開くので、親が履かせるのにとても楽です。また、ベロ部分に名前を書くところもあります。イフミーはこういう気配りを商品にすることが多いですね。ただし、保育園によっては靴の外側に記名するように言われることがあるので、気をつけましょうね。

ソール(足底)は足裏にフィットする屈曲性と、ブレを防ぐ立ち上がりがありよちよち歩きのために設計されています。

イフミーのもう一つの大きなポイントは土踏まずのアーチ形状を応援する中じき(靴の中に入っている足裏に接する部分)です。足の成長を応援する機能ですね。楽天市場への商品リンクはこちら

イフミーのシューズは他のメーカーに比べて機能と値段のバランスが良いので、機能がありながらちょうど良い価格で購入した方にはオススメのファーストシューズです。
ちなみに、購入する際はネットだと定価の10%オフくらいで売っているのでお得です。

プロおすすめのイフミーのファーストシューズ3選まとめはこちら

4位:ニューバランス「IT313 FIRST

4位:ニューバランス「IT313 FIRST
おすすめ度:☆☆☆☆
足に良い度:☆☆☆☆
履かせやすい:☆☆☆☆☆
人気度      :☆☆☆☆☆
コスパ        :☆☆☆
つーパパ
つーパパ

人気度は1番かも?親子コーデを合わせたい時はこれを考える人が多い!

ニューバランス「IT313 FIRSTシリーズ」は、ニューバランスのファーストシューズの定番商品で、様々なカラー展開があります。11cm~14cmのサイズです。

ニューバランスの代名詞のグレーカラーもあります。親子コーデができるので子供と服のコーデを合わせたい親に大人気の商品です。

マジックテープが両側についていて、大きく開くので履かせやすい設計ですね。

踵に反射材を採用していて夜間でもひかる設計です。楽天市場リンク

ミューバランスのファーストシューズを買うなら、定番「IT313 FIRST」になりますね。親にも人気なので子供と親子コーデをしたい方にも嬉しいですし、カラーが多くとても可愛いデザインなので、贈り物としても喜ばれます。ニューバランスは、もともと矯正靴を作っていた歴史があるので、日本ブランド以外では最も足に良い靴を提供しているメーカーです。靴の構造も基本に忠実に作っているので、日本人の足にもあう靴が多いですのでおすすめです。
ちなみに、購入する際はネットだと定価の10%オフくらいで売っているのでお得です。

ニューバランスIT313の商品レビュー記事はこちら

プロおすすめのニューバランスのファーストシューズ3選まとめはこちら

5位:ミズノ「プレモア ベイビー」

5位:ミズノ「プレモア ベイビー」
おすすめ度   :☆☆☆☆
足に良い度   :☆☆☆☆
履かせやすい:☆☆☆☆☆
人気度         :☆☆
コスパ           :☆☆☆
つーパパ
つーパパ

老舗日本メーカーなので、日本人の足にあった靴を作っていますね

こちらがミズノ「プレモア ベイビー」です。11.5cm~13.0cmの2色展開になります。

ミズノプレモアベイビー

アッパー(靴の上の部分)はメッシュベースでつま先が人工皮革になっています。吐き口まわり(足を入れる部分)は特に柔らかい素材を使っていて足首に負担が少ない設計です。

子供にはかせやすいベルトはピットイン構造と言って特許を取得した足が入れやすくて履かせやすい設計になっています。

ソール(靴底)は、安定感のある底面積の大きなソールになっていて、よちよち歩きの赤ちゃんの歩き方をサポートしてくれます。楽天市場へのリンクはこちら

ミズノのファーストシューズはなかなかお店では見ることは少ないですが、日本の老舗スポーツメーカーなので、実際に子供がいる担当者がいろいろな知恵を入れ込んだこども靴になっています。日本人の足にあった靴を作っているのでオススメです。
ちなみに、購入する際はネットだと定価の10%オフくらいで売っているのでお得です。

ミズノのファーストシューズ”ミズノプレモアベイビー”レビュー記事はこちら

6位:ミキハウス「ピュアベール加工ファーストベビーシューズ」

6位:ミキハウス「ピュアベール加工ファーストベビーシューズ」
おすすめ度   :☆☆☆
足に良い度   :☆☆
履かせやすい:☆☆☆☆
人気度         :☆☆☆☆
コスパ           :☆
つーパパ
つーパパ

子供といえばの代表的なブランド!ミキハウスを履かせたい人にはコレ。ただ、日本製で高いです。

こちらがミキハウス「ピュアベール加工ファーストベビーシューズ」です。11cm~13.5cmで、3色展開になります。

アッパー(靴の上の部分)には、”シューズ内側のパイル生地に施した抗菌、抗ウィルス加工「ピュアベール」という素材を採用しておりシューズ内部の細菌の増殖を抑え、いやなにおいの発生を抑制する”と謳っています。高機能ですね。必ずあった方が良い機能ではないですが、嬉しいですね。

全面的にメッシューベースですが、カカトから見るとカカト全体を包む混むような形状で、ホールド感のある靴作りをしています。

ソール(靴底面)はバルカナイズ製法で底のゴムを圧着させる方法でできています。この手法は伝統的な手法なので、成形ソールよりも細かい機能を入れずらい製法になります。楽天市場へのリンク

ミキハウスのファーストシューズの設計を見ると、ソールの製法などは少し古い技術を使っている点、また、値段が少し高いためおすすめ度が低いです。ただ、このシューズは日本の「つちやゴム株式会社」が作成しているようなので、その分、日本人の職人が丁寧に作っている靴のようです。

プロ厳選のミキハウスのファーストシューズ3選の記事はこちら

7位:ナイキ「エアマックスSC TDV」

7位:ナイキ「エアマックスSC TDV」
おすすめ度   :☆☆
足に良い度   :☆☆
履かせやすい:☆☆
人気度         :☆☆☆☆
コスパ           :☆☆
つーパパ
つーパパ

「子供の足に悪い靴」とまでは言えないかな、というレベル。ただ、エアマックスを履く子供はは可愛いですよね

そもそも、ナイキには、アシックスやイフミーのようなファーストシューズ専用設計というモノはありません。ですので、「そもそもファーストシューズに適した靴」ではないです。

とはいえ、人気の「ナイキ ダイナモフリーTD」はおすすめできません。ナイキなら、紹介している「エアマックスSC TDV」なら、“足がしっかりとしているお子さん”なら「子供の足に悪い靴」とまでは言えないかな、というレベルですので、ナイキを買いたい人は参考にしてください。

“ナイキ エアマックスSC TDV”のアッパーは、メッシュベースでつま先、サイド、カカトなどに人工皮革で補強されています。

“ナイキ エアマックスSC TDV”のサイズ展開は13~16cmで、小さいサイズはありません。残念ながら、0.5cmごとのサイズ(13cm,13.5cm,14.0cm…)ではなく、1cm刻み(13cm,14cm,15cm…)となっています。このサイズ刻みは、残念ポイントですね。

ゴム紐(紐に見える部分はゴム性)と1番上にベルトのあるデザインです。ゴム紐なので、親が子供に履かせるときには、伸びる仕様になっています。

ソールは、ラバー素材ではなくEVA素材ですので、グリップ力はありません。

「ナイキ エアマックスSC TDV」は正直、足に良い靴ではありませんでした。1cm刻みも残念ポイントです。でも、サイズが合うなら、そこまで足に悪い靴でもないです。
・良い点は、ナイキエアマックスは靴を履いた子供はカワイイ、カッコ良いってこと。素晴らしい!

ナイキの人気ベビーシューズであるダイナモフリーなどを買わせるくらいなら、”ナイキ エアマックスSC TDV”の方がおすすめですので、お子さんの足の状態に合わせて選んであげて下さいね。

ナイキのキッズシューズ”エアマックスSC TDV”レビュー記事はこちら

番外編:人気のナイキ ダイナモフリーTDは足によくないのでおすすめしない

ナイキダイナモフリーTD は親に人気のシューズで紐がないスリッポン型の定番商品です。よく履かせている親を見ますし、とても可愛く見えます。しかも、値段も高すぎないのが人気のポイントです。

そのため、多くの親が履かせていますが、固定するベルトや紐がなかったりソールが柔らかすぎるなどは、子供の足に良いシューズではありません。

特徴的なソール(靴底)である、ナイキの「フリー」という名前がついたシリーズの根本的な発想は「裸足に近いソールで足を鍛える」というところからきているので、子供の足を補助するような設計にはなっておらず、大人の足には良いですが、足の発達が未熟な子供にあまりおすすめできないのでやめておきましょう。

メーカー側は「足に良い」といって売っているわけではありませんので、買う側の知識が求められるということですね。

【買ってはいけない】ナイキファーストシューズ2つとおすすめ1つを知りたい方はこちらの記事をどうぞ

8位:コンバース「ベビースニーカー ミニ インチスター」

8位:コンバース「ベビースニーカー ミニ インチスター」
おすすめ度   :☆☆
足に良い度   :☆☆
履かせやすい:☆☆
人気度         :☆☆
コスパ           :☆☆
つーパパ
つーパパ

どうしてもコンバースを履かせたい人向けですね

こちらがコンバース「ベビースニーカー ミニ インチスター」です。ここから以下のランキングは、おすすめ度はさがります。

アッパー(靴の上部分)は、2穴分のゴムヒモ(ゴムで出来た伸びるヒモ)で、穴部分にパーツがあります。子供用にはこのようなパーツはあまりおすすめできません。また、ゴムヒモは確かに伸びるのですが、ベルトの方が楽なので、少しはかせづらいですね。子供の足を考えた設計というよりは、可愛さを重視した設計の靴です。

こういうところに可愛いカラーの入ったパーツや、大人の靴のミニチュア版っぽいデザインて、とっても可愛いんですよ。カワイイのはわかるんですけどねぇ。(楽天市場リンク)

コンバースのファーストシューズ3選の記事はこちら

9位:アディダス「SST 360」

9位:アディダス「SST 360」
おすすめ度   :☆
足に良い度   :☆
履かせやすい:-
人気度         :☆☆☆☆
コスパ           :☆
つーパパ
つーパパ

とっても可愛いですが、足には良くない。どうしてもこれが可愛いって人向けですね

アディダス「SST 360」は、アディダス スーパースターを彷彿とさせるデザインで、親に人気のモデルです。しかし、固定するベルトや紐がないため、子供の足に良いシューズではありません。

アッパー(靴の上部分)は、紐がなくスリッポンのように伸びる素材で履かせるタイプですが、トレッチ性の生地とはいえ、足が柔らかい子供の足を少し無理やり押し込む形で履かせるようにしないといけません。

ソールも大きな工夫はなく、ファーストシューズ用専用設計ではありません。楽天市場へのリンク

脱ぎ履きが難しそうなことから、イベントなど短い期間はかせるには良いシューズだと思いますが、他のシューズと比べるとオススメ度は低いです。
もちろん、この靴を履いたから足が悪くなることが決まっているわけではないですが、「足に良い靴かどうか?」という観点では選んでいけない子供靴です。

もちろん、メーカー側は「足に良い」といって売っているわけではありませんので、買う側の知識が求められるということですね。

10位:西松屋「ファーストシューズ2本ベルトスニーカー」

10位:西松屋「ファーストシューズ2本ベルトスニーカー
おすすめ度   :-
足に良い度   :-
履かせやすい:☆☆
人気度         :☆☆
コスパ           :-
つーパパ
つーパパ

手に出しやすいお手頃値段!でもま、できるならやめといた方が無難。子供の足がしっかりしている自信がある方向け!

西松屋のファーストシューズの特徴はなんといっても安さです。ただ、気をつけなければならないのは、西松屋のファーストシューズは「室内履き用」と外履き用があることです。室内履き用には「※屋外ではご使用にならないようにお願い致します。(西松屋楽天市場店表記から抜粋)」と言った表記があるので気をつけましょう。

こちらが室内履き用の靴です。

西松屋 チケット付無地ファーストシューズ【11.5cm・12cm・12.5cm】
created by Rinker

今回の外履き用のファーストシューズは、「ファーストシューズ2本ベルトスニーカー」というモデルです。

西松屋 ファーストシューズ2本ベルトスニーカー【11.5cm・12cm・12.5cm】
created by Rinker

ちなみに、そもそも外で履く靴としては西松屋では、「ベビーシューズ」というカテゴリーで調べましょう。

元プロとしては西松屋のシューズは、おすすめできません。やはり値段を安くするために、子供の足に必要な機能はほとんどなく、ソール(靴底)やアッパー(靴の上の部分)の素材も良い素材ではありません。また、靴の形状も足に沿った形になっていないので、LASTの設計も気になりますね。

論外:Attipas 「ソックスシューズ」

論外:Attipas 「ソックスシューズ」
おすすめ度   :-
足に良い度   :-
履かせやすい:-
人気度         :☆☆
コスパ           :-
つーパパ
つーパパ

ファーストシューズとしてはやめましょう。室内用で買う人いるけど、子供は室内は裸足が良いです。

Attipas 「ソックスシューズ」をファーストシューズとして外ではかせる方がいますがやめましょうね。これは外ではく靴ではないです。勘違いしている方がいるので注意してください。

我が家で実施したファーストシューズ購入時のサイズ選び方法

こどもの靴購入で困るのがサイズ選びですよね。特にファーストシューズは子供が小さくて困りものです。我が家の場合は、定規を当てて測りました。まず、真横から計測します。

つーパパ
つーパパ

キレイに計測するのは難しいですが、頑張りましょう!

次に、足に下に定規を置いて測ります。ウチの場合は、中指が一番長いタイプでしたので、真横からのサイズより少し大きめですね。
・11.8cmの足長でしたので、購入したのは13.0cmの靴です。

実は、大人の足だと体重がかかってない時とかかっている時だと0.5cm〜1cmくらい足長が違います。(体重がかかると、足が伸びるんですね)子供の場合は、元々の足の長さが短いので、大人よりも伸びないですが、大人よりも柔らかい足ということを考慮すると、11.8cmの足長から0.2~0.5mmくらい長くなるかなぁと。で、そもそも靴は、足長よりも0.5mmくらい大きいのが良いとされているので、今回は13cmを選びました。

つーパパ
つーパパ

ファーストシューズの場合、定規で測った足の長さよりも1cmくらい大きいサイズを買うと良いと思いますよ。

プロがおすすめするファーストシューズ人気10選&足に良い選び方まとめ

本記事では、元靴メーカー勤務の筆者が「元プロが本音で語る」人気のファーストシューズの”本当の”おすすめ10選まとめとファーストシューズの子供の足に良い選び方を紹介しました。

本音の内容のため、他に見てきたランキングとは違った内容でびっくりした方もいると思いますし、プロそれぞれ考え方や思想が異なりますが、ファーストシューズとして考えた時にある程度きちんと靴作りに携わったことがあるプロであれば似たような意見になるかと思います。ぜひ参考にしてください。

*この記事で使用した画像は、筆者オリジナル画像と「楽天アフィリエイトのリンク作成ページ内での使用可能な画像」を利用しています。

この記事の著者
元靴のプロ
クツプロ

私の記事の信頼性の背景
筆者は、プロスポーツシューズデザイナーとして、元スポーツメーカーで7年間以上勤務し、その間に実際にプロスポーツ選手シューズや日本代表選手のオリンピックモデルも担当しました。また、デザインだけでなく設計にも携わり、シューズ特許も複数登録になるなど、デザインから設計までの幅広い知識を得ているため、ユーザーのための情報を紹介できます。

クツプロをフォローする
ファーストシューズ子供靴子供靴ランキング
クツプロ
Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました